So-net無料ブログ作成

ランナウェイズ [外国映画☆☆]

2011年7月23日(土) 15:45~ 三軒茶屋中央劇場
料金:1300円 パンフレット:非売


ランナウェイズ [DVD]

ランナウェイズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



『ランナウェイズ』公式サイト

観たかったのだが、何となく行き難いシネクイントでの上映だったので、躊躇しているうちに終了してしまった。が、三軒茶屋中央劇場で、これも見逃した「ウッドストックがやってくる」との二本立て上映。尻が痛くなるが、ラッキーと行って来た。劇場は、何故かいつもの2倍くらい客が居た!しかも、高齢者御用達映画館なのに、比較的若い!こちらは中年、あちらは老年対象の音楽なのに。

レコード会社が同じだからか、「R&Rは、Rock and Rollでなく、これからは、Ramones and Runawaysだ!」という無理やりな売り出され方をしたが、ラモーンズが日本で受けないのに対して、少女バンドのランナウェイズは、日本で大ウケした。日本でウケたバンドは、クイーン、チープ・トリック、ジャパンと世界で成功するのだが、彼女らは、世界ではブレイクすることなく終了してしまった。

当時のボーカルのシェリー・カーリー(ダコタ・ファニング)の自伝を元に、ジョーン・ジェット(クリステン・スチュワート)がプロデュースした本作は、どこまで真実かは知らないが、「そうだったのか。」と、バンドの存在を知る連中には興味深いが、知らない人間には、ただのロックバンドの失敗のドラマに過ぎない。つまりは、女優のファンでもない限り、面白くない。まあ、知らない奴らは、無理に見るなよ。

同じロックバンド映画なら、「バンディッツ」や「スティル・クレイジー」のほうが、はるかに上出来だ。

しかし、役者はなかなか良く。ダコタちゃんは、照れて下手なところから、かなり巧くなっているところまで、歌い分けているように頑張っている。
クリステン・スチュワートのジョーン・ジェットぷりは、噂に違わずそっくりだ。ランナウェイズの時も、後のブラックハーツも。

劇中のカメラマンは、事実だと篠山紀信のようなのだが、容姿は似ていなく、紀信先生がそのような撮影をするのか知らないのだが、「いいよ~。いいね~。」とか、頭が悪そうなので、きっと別人だろう。

シェリー・カーリーが、ボウイが好きで、口パクコンテストで優勝したなんて知らなかった。客から物を投げつけられているのだけど。

お勧め度:☆☆ ジョーン・ジェット度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆








悩殺爆弾~禁断のロックン・ロール・クイーン(紙ジャケット仕様)

悩殺爆弾~禁断のロックン・ロール・クイーン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD





I Love Rock & Roll

I Love Rock & Roll

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blackheart Records
  • 発売日: 2006/06/13
  • メディア: CD



映画データ
英題: THE RUNAWAYS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年3月12日
上映時間: 1時間47分
配給: クロックワークス
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

スタッフ
監督・脚本: フローリア・シジスモンディ
原作: シェリー・カーリー
プロデューサー: ジョン・リンソン / アート・リンソン / ウィリアム・ポーラッド
製作総指揮: ジョーン・ジェット / ケニー・ラグナ / ブライアン・ヤング
共同プロデューサー: フランク・ヒルデブランド / デヴィッド・グレイス
撮影監督: ブノワ・デビエ
プロダクションデザイン: エウヘニオ・カバイェーロ
編集: リチャード・チュウ
衣装デザイン: キャロル・ビードル
スコア: リリアン・ベルリン
音楽監修: ジョージ・ドレイコリアス
キャスティング: ウェンディ・オブライエン

キャスト
クリステン・スチュワート
ダコタ・ファニング
マイケル・シャノン
ステラ・メイヴ
スカウト・テイラー=コンプトン
アリア・ショウカット
ライリー・キーオ
ジョニー・ルイス
テイタム・オニール
ブレット・カレン


シェリー・カーリーの母親役、テイタム・オニールだったのかよ!
ランナウェイズの頃のNo.1子役スターじゃないか。何かの嫌味のキャスティングか!?

ちなみにシェリー・カーリーは、ランナウェイズ脱退後、「フォクシー・レディ」なる映画で、ジョディ・フォスターと共演。

フォクシー・レディ [DVD]

フォクシー・レディ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



R&Rのもう一組ラモーンズ

ラモーンズの激情+8

ラモーンズの激情+8

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD



ラモーンズの「電撃バップ」。カラオケで唄えるぜ。誰も聴いてくれないけど。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

non_0101

こんばんは。
ジョーン・ジェットの写真、はじめて見ました。
本当に似ていますね~!
ダコタ・ファニングの着ていたステージの衣装もそのままですね。
みんな頑張ってましたね☆
by non_0101 (2011-07-25 22:40) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ほとんど髪型と目のメイクと衣装だけの威力ですが、良く似ていましたよ。
ダコタは、髪型があまり似ていなかった。

ドラム役は、結構重要人物なのですが、あまりスポットが当たらず、残念でした。ギターのリタ・フォード役も。
ベースの人はおまけ。良く似ていたけど。
by バラサ☆バラサ (2011-07-29 12:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。