So-net無料ブログ作成

コクリコ坂から [日本映画☆☆☆]

2011年7月20日(水) 21:00~ TOHOシネマズスカラ座
料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:600円(買っていない)

『コクリコ坂から』公式サイト

旗をあげた少女に向かって透き通った少年が降ってくる予告編から、幽霊とのファンタジーなのかと勝手に思っていたら、好きあっていた少年少女が実は生き別れの兄妹の予告が出てきて混乱していた。

観てみると短編小説の一品のようなノスタルジックな高校生純愛物語だった。そして中高年向き。
大別すると、毛色は違うかもしれないけど「耳をすませば」系統。(「耳をすませば」の製作当初は、これが対抗馬だったそうな。)

原作が存在する。1980年の少女マンガ。だが、キャラクターとその設定を頂いているだけで、ストーリーが全く違うみたい。時代は東京オリンピック前にしているし。それによって、中高年向き作品の味わいになっているのか。

「ゲド戦記」でボロボロの評価を受けたジブリ美術館館長だが、本作では悪くない。

しかし、子供や若者には面白くない作品だろうなぁ。
中高年には、感涙シーン満載。

主人公の少女は、海という名前なのだが、あだ名がメルである。
何の説明も無く、映画だけでは判らないのだが、フランス語の海を表すラ・メールが由来だそうだ。

そのメルの畳んだ傘の持ち方だが、柄を斜めに持って、傘の先を後ろに突き出すように、思い切り腕をふって歩く。危険極まりない。街角で無神経な気の利かない連中にありがちな行為なのだが、元気がいいのを見せているつもりなのだろうか。この吾朗の演出はけしからん。DVDリリースの時には、修正しろ。

お勧め度:☆☆☆ ノスタルジー度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆







コクリコ坂から

コクリコ坂から

  • 作者: 高橋 千鶴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/07/10
  • メディア: コミック



コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)

コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)

  • 作者: 高橋 千鶴
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/06/23
  • メディア: 文庫



コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~

コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/07/16
  • メディア: 単行本



脚本 コクリコ坂から (角川文庫)

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)

  • 作者: 宮崎 駿
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/06/23
  • メディア: 文庫



映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年7月16日
上映時間: 1時間31分
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督: 宮崎吾朗
脚本: 宮崎駿 / 丹羽圭子
原作: 高橋千鶴 / 佐山哲郎
プロデューサー: 鈴木敏夫
音楽: 武部聡志
主題歌: 手嶌葵

キャスト
(声の出演)
長澤まさみ
岡田准一
竹下景子
石田ゆり子
風吹ジュン
内藤剛志
風間俊介
大森南朋
香川照之


例によって、声優で無く役者ばかりの布陣だが、まさみちゃんの仕事ぶりは悪くない。
風吹ジュンの声は、役柄としては年を取りすぎで、違和感がある。
香川は、らしくないが、うまくはまっていた。


耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



耳をすませば (集英社文庫)

耳をすませば (集英社文庫)

  • 作者: 柊 あおい
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/07/15
  • メディア: 文庫



耳をすませば (スタジオジブリ絵コンテ全集)

耳をすませば (スタジオジブリ絵コンテ全集)

  • 作者: 宮崎 駿
  • 出版社/メーカー: 徳間書店スタジオジブリ事業本部
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本



nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(37) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 6

peach

ほかのブログさんでも評価されていたようですけど、
ホント良さそうですね。
by peach (2011-07-22 01:00) 

バラサ☆バラサ

>peachさん

原作好きの人からは、ボロクソのようです。
原作知らなければ、小品佳作という感じで良いです。ただし、40歳以上限定ではないかと。

by バラサ☆バラサ (2011-07-23 13:26) 

non_0101

こんにちは。
私は原作を知らないので、かなり気に入ってしまいました(^^ゞ
懐かしい雰囲気と主人公たちの純粋さが好きです☆
by non_0101 (2011-07-23 20:58) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

Wikiで原作のあらすじを読む限りでは、映画の設定の方が好きな感じです。
いずれにせよ、原作を知らずに見て良かったのでしょう。
(先に原作を読むと、たいてい映画が見劣りするし。)
by バラサ☆バラサ (2011-07-29 12:16) 

キキ

こんにちは。
主人公の海の呼び名がメルなのはフランス語から、だったんですね。
なるほど。
題名のコクリコもフランス語らしいですし
原作者がフランス好きなんでしょうか。
海でも呼びにくくはないのに。

監督が「ゲド戦記」のジブリ美術館館長。
今回はいい仕事してました。
声優さんも豪華ですね、香川照之さんもいたんですね。


by キキ (2011-08-02 17:54) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

コクリコもフランス語でしたか。コクリコ坂が不明と言われていますが、下宿屋(?)の前の道ですよね?

吾朗もこれで、あーだこーだ言われることも少なくなるでしょうね。
by バラサ☆バラサ (2011-08-02 18:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 37

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。