So-net無料ブログ作成
検索選択

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [外国映画☆☆☆]

2011年7月16日(土) 15:20~(開映遅れ) 丸の内ピカデリー2
料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』公式サイト

実写の3Dには毎回ガッカリさせられるので2Dにした。
暗いシーンが多いので、正解だったろうか。かなり3Dを意識した映像に感じたけど。

停電したとのことで、前の回の終映時間が遅れ、開始が30分遅くなった。タダ券ゲットかなと思ったら、退館時に配ってくれたよ。(タダ券期限切れて無効になった・・・。10月24日追記)

回を重ねる毎にダークになるハリー・ポッター。子供が観ても判らないだろう状態となっているが、考えてみれば、この足掛け10年近いこのシリーズ、第一作の頃の子供は、既に大人であったり、少年少女だったりする。そう考えれば話の変遷には違和感はないが、ファンタジーというより童話に感覚が近い一作目や二作目のほうが好みである。

で、ようやくの完結編である本作、例によって2時間30分を超えて、チンタラ進むのかと思いきや、何と130分とシリーズ最短。短すぎるということもなく、過不足なくタイトに巧く纏まっていた。
直近2作に比較すると爆発的に面白かったよ。

戦闘シーンが、「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿させる人海戦術(ただしCG補正)の迫力。
学校を守る魔法の結界みたいなものは、光子力研究所のバリアみたいなんだけど。パリンって割れそうな。

ただし、校長の弟の登場は、唐突な感が拭えない。
ドラコは、抜け抜けと・・・。
ハリーの彼女、ロンの妹は、やはり・・・。最後なんてノーメイクでも違和感ないかも。
ヴォルデモートの第一人称が、「俺様」とは。あまりに軽薄な印象だ。「お前は、北村龍平か!?」(北村龍平が、本当に俺様と言っているかは知らない。)

ヘレナ・ボナム=カーターは、ほとんど活躍無し。実は、かなり弱いし。その辺のオバサンみたいな人と2分くらいしか戦えない。

さて、この3人の役者の今後はどうなることやら。
可愛かったハーマイオニー、男っぽい顔つきになってしまったし。

お勧め度:☆☆☆ 大団円度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆









ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

  • 作者: J・K・ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2003/10/22
  • メディア: ペーパーバック



ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版

ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版

  • 作者: J.K.ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2004/10/23
  • メディア: 単行本



ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版

  • 作者: J.K.ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2004/11/26
  • メディア: ペーパーバック



ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版

  • 作者: J.K.ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2006/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻set(携帯版)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻set(携帯版)

  • 作者: J・K・ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2008/03/14
  • メディア: 新書



ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)

ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)

  • 作者: J・K・ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2010/03/11
  • メディア: 新書



ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)

ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)

  • 作者: J.K.ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2010/12/01
  • メディア: ペーパーバック



ハリー・ポッター 第1章~第5章 プレミアム・ボックス(12枚組)(初回限定生産)

ハリー・ポッター 第1章~第5章 プレミアム・ボックス(12枚組)(初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



映画データ
英題: HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II
製作年: 2011年
製作国: イギリス/アメリカ
日本公開: 2011年7月15日
上映時間: 2時間10分
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー

スタッフ
監督: デヴィッド・イェーツ
原作: J・K・ローリング
脚本: スティーヴン・クローヴス

キャスト
ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ロビー・コルトレーン
トム・フェルトン
レイフ・ファインズ
ブレンダン・グリーソン
リチャード・グリフィス
ジョン・ハート
ジェイソン・アイザックス
ヘレン・マックロリー
ミランダ・リチャードソン
アラン・リックマン
マギー・スミス
ティモシー・スポール
イメルダ・スタウントン
デヴィッド・シューリス
ジュリー・ウォルターズ
ボニー・ライト



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(40) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

masala

こんにちは。
3D効果はIMAXのスクリーン前から3列目と言う悪条件の為か、ほとんどありませんでした。
奥行き方向を重視した絵作りで、ラストのヴォルデモートの灰だけはすごかったでした、なので2Dで充分です。
by masala (2011-07-19 14:15) 

バラサ☆バラサ

>masalaさん

結局、奥行き重視なのですね。

IMAXは、初期の頃から未体験ですが、前方だと苦行な感じですね。
by バラサ☆バラサ (2011-07-19 18:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 40

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。