So-net無料ブログ作成

アリス・クリードの失踪 [外国映画☆☆★]

2011年6月30日(木) 19:30~ ヒューマントラストシネマ有楽町2
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認

『アリス・クリードの失踪』公式サイト

誘拐された女と誘拐犯の二人の男。
登場人物は、これだけ。

そうなると、人間関係の妙で話を進めなければならないだろう。アイディア一発勝負だ。

そういう場合、外部の人間も絡めるのかとも思うが、これは内部だけで関係を完結し、うまく小道具を使いそれらの関係を崩壊させたり、暴露したりと、なかなか旨い展開だ。

そういう小気味よい勢いで快調に話が進むのだが、調子にのり過ぎたのか、終盤での失速、身代金引取りに入ってからの間延び感が残念だ。

しかも、どういうオチだろうと期待していたら、そんなことか・・・、だったし。

とは言え、こうしたら良かったのになどという代替案は持ち合わせていない。

お勧め度:☆☆★ あっけない度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★






監督は、これの脚本家

ディセント2 [DVD]

ディセント2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


「ディセント2」の記事
いまいち面白くない。

映画データ
英題: THE DISAPPEARANCE OF ALICE CREED
製作年: 2009年
製作国: イギリス
日本公開: 2011年6月11日
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
上映時間: 1時間41分
配給: ロングライド
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

スタッフ
監督・脚本: J・ブレイクソン
製作: エイドリアン・スタージェス
製作総指揮: スティーヴ・クリスチャン / マーク・サミュエルソン
共同製作: アンドリュー・フィングレット
撮影監督: フィリップ・ブローバック
美術: リッキー・エアーズ
編集: マーク・エッカースリー
音楽: マーク・カンハム
プロダクション: リッキー・エアーズ
キャスティング: ルーシー・ビーヴァン

キャスト
ジェマ・アータートン
エディ・マーサン
マーティン・コムストン


他なんていない。強いて言えば、数十秒の街中シーンにエキストラがいたかも。


タグ:スリラー
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

mig

確かにもうひといき、最後に私も欲しかったんですけどね〜。
だから傑作とはいえませんね
観てるうちは面白かったから良しです♪

by mig (2011-07-01 18:19) 

バラサ☆バラサ

>migさん

あと一捻りで傑作になったかと思います。
まあ、確かに観ている間は退屈もしないし、面白いのですが。

by バラサ☆バラサ (2011-07-04 01:11) 

maki

こんばんは♪

>あと一捻りで傑作
これは、そうかもしれませんね
ラストにむかって失速しちゃったのが如何せんダメでしたね
オチもありがちで、皮肉な演出が欲しかったかなと思います
by maki (2012-01-30 17:47) 

バラサ☆バラサ

>makiさん

ちょっと失速しちゃいましたね。
何かこんな感じのものが他にもあったような。

by バラサ☆バラサ (2012-02-09 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。