So-net無料ブログ作成

127時間 [外国映画☆☆☆★]

2011年6月20日(月) 18:45~ TOHOシネマズ川崎3
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

『127時間』公式サイト

崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。
まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、あちらはホラーテイストに対して、こちらは実話をベースにした人間賛歌だ。

ホラーで無いので、鳥が襲い掛かるとか虫が襲い掛かるとかの描写は無いので、どうやって間を持たせるのか、過去シーンでも大量に入れるのかと思っていた。実際、予告でのお姉さん二人を案内しているのは、過去シーンなのかと思っていたし。

実際のところ、過去シーンの扱いは、まどろんでいる時の回想シーンであり、短く効果的な使い方だ。主人公の真情の変化に合わせて、効果的に使われているので、全体として間が持たないところは無く、グイグイと見せてくれる。
ちなみに、予告でのお姉さんたちへのガイドは、事故に遭うほんのちょっと前。
あと'Whoops!'は、挟まれた瞬間に出した言葉かと思っていたが、その瞬間はそんなに余裕かましていなかった。もっと別のところで、「なるほど!」というところで使われている。

クライマックスは、「ソウ」のアレより肩に力が入る。スプラッタと違って笑いに昇華できない。
途中、色々試行錯誤するので、壊死作戦でポキッ狙っているのかとも思ったが、甘かった。
気の弱い人は、目を瞑っていよう。
上映終了後、「気を失った。」とか語っている人いたし。

関係ないけど、「ブラック・ジャック」で、山の穴で手の抜けなくなった男のエピソードがあったような気がするのだが・・・。
(「ブラック・ジャック 127時間」で検索したら、「ブラック・ジャックへよろしく」127話無料配信の情報入手。「海猿」に続き、太っ腹な先生。)

お勧め度:☆☆☆★ 生命力度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★







127時間 (小学館文庫)

127時間 (小学館文庫)

  • 作者: アーロン・ラルストン
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: 文庫



英題: 127HOURS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ/イギリス
日本公開: 2011年6月18日
(TOHOシネマズシャンテ シネクイントほか)
上映時間: 1時間34分
配給: 20世紀フォックス /ギャガ(宣伝)
カラー

スタッフ
監督・脚本: ダニー・ボイル
原作: アーロン・ラルストン
脚本: サイモン・ボーフォイ

キャスト
ジェームズ・フランコ


主役の奴、色々な映画で見ている筈なのだが、あまり印象に残らない奴だった。
が、本作では、ほとんど一人の単独演技、たいした奴だ。

言及した作品。

オープン・ウォーター [DVD]

オープン・ウォーター [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



フローズン [DVD]

フローズン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



SAW ソウ DTSエディション [DVD]

SAW ソウ DTSエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


鋸ギコギコ。


タグ:人間ドラマ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(36) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

non_0101

こんにちは。
あのシーンの衝撃は想像を超えていました~
私の斜め前に座っていた女性は、本当に気を失っていて
それもびっくりでした。
見ごたえのある作品でした☆
by non_0101 (2011-06-22 08:32) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ホラーでは失神者がでないのは、ホラー慣れしている客ばかりであるからで、本作は、ホラーでなく、しかもホラーよりエグイので、全国で失神者続出かもしれませんね。

上映終了後、かなり疲れました。

by バラサ☆バラサ (2011-06-24 18:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。