So-net無料ブログ作成
検索選択

プリンセス トヨトミ [日本映画☆★]

2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認

『プリンセス トヨトミ』公式サイト

「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。

万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあや、万城目学の小説は、一冊も読んでいないのだがね。

脚色、脚本、演出がよろしくないと思われる。
Wikiで原作との違いを読むと、すべてマイナスに作用している。プリンセス、活躍不足過ぎ。

元々つっこみどころ満載な題材な訳だが、映画なので細緻な設定を散りばめるのは無理もあろう。しかし、物語の進行中に、矛盾点として気になってしまうようなのは、演出としていかんだろう。矛盾点を忘れさせるくらい強引な勢いが欲しいところだ。ローランド・エメリッヒとかマイケル・ベイとかポール・ヴァーホーベン先生のように。

ジャンルはコメディだと思われるのだが、まったくもって笑えないのも悲しい。
どうやらスタッフは、感動作に仕立てたかった節が見受けられる。これもまた失敗だ。

綾瀬はるかの弾む胸以外、なんら価値の無い作品。
あとは、強いて言えば、菊池桃子。

中井貴一のマヨネーズ飛ばしの技が優れているのだが、おそらく本職の手と入れ替わりだろう。本人だったら、スマン。

兎に角、とてもガッカリした。しかし、お好みは食いたい。

お勧め度:☆★ 世にも奇妙な物語度:☆☆☆☆ 俺度:☆









プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)




同じ大阪国なら、こっちのほうが面白い。


さらば愛しの大統領 [DVD]

さらば愛しの大統領 [DVD]

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年5月28日
上映時間: 1時間59分
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督: 鈴木雅之
原作: 万城目学
脚本: 相沢友子
音楽: 佐橋俊彦

キャスト
堤真一
綾瀬はるか
岡田将生
沢木ルカ
森永悠希
和久井映見
中井貴一









タグ:コメディ
nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(41) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 6

non_0101

こんばんは。
うわー☆1つでしたか!それは寂しかったですね(T_T)
ミラクルとか面白さと言うよりは、父と息子の話だったのね~という感じでした。
堤真一さん&中井貴一さんの熱演に押し切られたという気分になりつつも
意外に楽しんでしまいました☆
by non_0101 (2011-05-30 21:32) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

も少しの笑いとスペクタクルと姫のファイトを期待していたのですが、親子の話以外は予告編ですべて終わっていました・・・。

by バラサ☆バラサ (2011-06-01 00:33) 

ふじき78

そう言えば、大阪の話なのに吉本と阪神がムチャクチャ希薄でしたね。
by ふじき78 (2011-06-05 10:57) 

バラサ☆バラサ

>ふじき78さん

俺たちの阪神が帰ってきた!
物心ついたときから阪神ファンですが、暗黒時代の阪神が一番好きです。

甲子園は兵庫だから、阪神は大阪扱いでないのでしょうね。
南海という球団があったら、何らか関わったような気もします。

吉本芸人のカメオぐらいあってもいいと思いますが、妙に生真面目な作品でしたからねぇ。
by バラサ☆バラサ (2011-06-08 00:45) 

sakurai

ほんとのがっかりでした。
本の面白さのかけらもない。
勢いがない!っていうのが、ピッタリです。
ありえない話を本はねじ伏せる力がありましたんですがねえ。
by sakurai (2011-06-08 21:54) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

映像のほうがねじ伏せ易い筈なんですけどね。
テンポが悪いのでしょうか。
後は、プリンセスにもう少しアクションをやらせればと思います。

by バラサ☆バラサ (2011-06-13 00:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 41

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。