So-net無料ブログ作成

ウォールストリート [外国映画☆☆★]

2011年2月27日(日) 15:45~ ユナイテッド・シネマ豊洲9
料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認

『ウォールストリート』公式サイト

バブル前夜期の「ウォール街」の続編。「ウォール街」は観ていない。本作前にレンタルしようと思ったが、3本ともレンタル中。

まあ、前作を観ていなくても対応できる内容だ。25年ほどたっているのだから、話に繋がりがあるほうが変というものだ。ただ、前作の主役級、奇行で知られるチャーリー・シーンが、ゲスト出演している。本編に何ら影響なしだが。チャーリー・シーンは、「ギニーピック」を見て、リアルスナッフと思い、通報したことでも有名な頓珍漢。

話はそれたが、チャーリー・シーンの代わりにシャアイ・ラブーフが、マイケル・ダグラスの相手役だ。マイケル・ダグラスは、結局約束を守る男であり、悪役は別にいる。、その悪役に復讐せんと回りくどい手段をとるラブちゃんだが、軽く返り討ちにあう。しかし、彼女のウェブ・サイトの攻撃記事で、悪役はいとも簡単に追い込まれる。これを象徴するように、何もかもすべて、あっけない幕切れだった。

もうちょっと辛らつなオチを期待していたのだが、ハッピーエンドかよ。

難解な経済映画ではないが、空売りとサブプライムローンぐらい知らないとチンプンカンプン。

お勧め度:☆☆★ 風説度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★







ウォール街 (特別編) [DVD]

ウォール街 (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ウォール街の歴史

ウォール街の歴史

  • 作者: チャールズ・R・ガイスト
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2010/08/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか

史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか

  • 作者: グレゴリー・ザッカーマン
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/12/09
  • メディア: 単行本



ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理

  • 作者: バートン マルキール
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: 単行本









映画データ
英題: WALL STREET:MONEY NEVER SLEEPS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年2月4日
上映時間: 2時間2分
配給: 20世紀フォックス映画
カラー

スタッフ
監督: オリヴァー・ストーン
脚本: アラン・ローブ

キャスト
マイケル・ダグラス
シャイア・ラブーフ
キャリー・マリガン
ジョシュ・ブローリン
スーザン・サランドン
フランク・ランジェラ
イーライ・ウォラック



タグ:人間ドラマ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

sakurai

あっけなさ感がたっぷりでしたね。
あのえげつないゲッコーさんが、好々爺になってるのは、納得いかないですわ。
「愛のむきだし」!ご覧になられたんですね。
あれは快作、怪作、傑作だと思います。
by sakurai (2011-03-05 14:45) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

なんとも拍子抜けという感じです。

「愛のむきだし」
ようやく観ました。
by バラサ☆バラサ (2011-03-07 01:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。