So-net無料ブログ作成

最後の忠臣蔵 [日本映画☆☆★]

2011年1月1日(土) 20:55~ TOHOシネマズ川崎2
料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認

『最後の忠臣蔵』公式サイト

忠臣蔵、その後。
忠臣蔵を観たこと無くても、アサノタクミノカミ、キラコウズケノスケ、オオイシクラノスケ、シジュウシチシの名前と役割を知っていれば、それで十分。俺は、忠臣蔵関連の映画、ドラマを何も観たことが無い。いわんや小説をや。

いい話なんだが、どうにもチンタラした冗長な演出と、何故に「心中天網島」なのか判らん、頻繁に本編に紛れ込む人形浄瑠璃の鬱陶しさの為に、俺にとっては残念な作品となっていた。

最後のほうの嫁入りで、かつての同士が集まってくるところは、少しジーンと来たが、あまりに増えてしまい興ざめになった。

安田成美が、「私が狙って落ちなかったのは、あんただけだ」と役所に言うが、俺も落とされない自身がある。
伊武雅刀が、劇中理解ある好人物を演じるのだが、伊武雅刀であるために、何かあるんじゃないかと最後の最後まで余計な勘違いをさせられた。

斯様なミスキャストの是正と演出の修正がされれば名作になったであろうに。

ヒロイン役の娘は、十二分に可愛い。

ちなみに殺陣などは、ほとんど無い。

お勧め度:☆☆★ 伊武雅刀じゃない度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

「心中」は、gooのNGワードでしょうかね?トラックバック弾かれます。






原作

最後の忠臣蔵 (角川文庫)

最後の忠臣蔵 (角川文庫)

  • 作者: 池宮 彰一郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 文庫


原作者は忠臣蔵関係で色々書いている。

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)

  • 作者: 池宮 彰一郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫



四十七人の刺客〈下〉 (角川文庫)

四十七人の刺客〈下〉 (角川文庫)

  • 作者: 池宮 彰一郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫



その日の吉良上野介 (角川文庫)

その日の吉良上野介 (角川文庫)

  • 作者: 池宮 彰一郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 文庫



四十七人目の浪士 (新潮文庫)

四十七人目の浪士 (新潮文庫)

  • 作者: 池宮 彰一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/08
  • メディア: 文庫



NHKドラマ版

最後の忠臣蔵 [DVD]

最後の忠臣蔵 [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


ミッチーが佐藤浩市で、香川照之が役所。多くのキャラクターは映画では省略。例、和久井映見。

映画データ
日本公開: 2010年12月18日
(丸の内ピカデリー ほか)
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー

スタッフ
監督: 杉田成道
原作: 池宮彰一郎
脚本: 田中陽造
音楽: 加古隆

キャスト
役所広司
佐藤浩市
桜庭ななみ
山本耕史
風吹ジュン
田中邦衛
伊武雅刀
笈田ヨシ
安田成美
片岡仁左衛門



nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 3

K&T企画(たけし)

あけまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。
by K&T企画(たけし) (2011-01-02 20:43) 

み〜ちゃん

あけましておめでとうございます☆彡
今年も笑顔あふれる、ハッピーな年にしましょうね!

by み〜ちゃん (2011-01-02 22:32) 

バラサ☆バラサ

>K&T企画(たけし) さん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

>み〜ちゃんさん

いい年になるように頑張りましょう。

by バラサ☆バラサ (2011-01-03 22:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。