So-net無料ブログ作成

心霊探偵 八雲 第十三話「失意の果てに~久遠~」 [アニメ]

2010年12月26日(日)
録画再生(BS 2 12月26日23:30放送)

『心霊探偵 八雲』公式サイト

公式サイトからあらすじを引用
両目の赤い男、八雲の実の父である斉藤雲海の仕掛けた壮大な計画によって、八雲は、別なる存在へと変わりつつあった。
現場に居合わせた晴香たちは、目の前で起きている現実を、ただ見ていることしか出来ない。彼女たちに銃をむけた美雪が勝利を確信して微笑む。
そして、ついに、その時が来た。八雲の肉体が雲海によって完全に支配されたのだ。
果たして、八雲の運命は!!
↑ここまで

最終回。
両目の赤い男の目的は、憎悪で霊体として存在している己を、八雲の体を用いて実体化すること。八雲の感情が憎悪で支配されて同じレベルになった時に、乗っ取りが成功するという。

何か晴香ちゃんの姿を思い浮かべたら、乗っ取られずだったもよう。
両目が赤くなっていたが、一心さんのコンタクトを入れただけで、それによりスタンガン女を騙して捕えるという作戦だった。
霊体でしぶとく残っている赤い目の男は、捨て台詞をはいて退場。

クライマックスは、10分くらいで終了。後は、後日談が延々と続く。八雲と晴香ちゃんの仲は、進展しそうでしなかった。冴羽と香みたいなもんだ。
スタンガン女は、逃走し湖に飛び込んだが、死体は発見されず。

小説も続いているし、シーズン2があるのだろうな。

お勧め度:☆☆☆ 大団円度:☆☆★ 俺度:☆☆☆

話の続き

心霊探偵 八雲7 魂の行方

心霊探偵 八雲7 魂の行方

  • 作者: 神永 学
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2008/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



心霊探偵 八雲8 失われた魂

心霊探偵 八雲8 失われた魂

  • 作者: 神永 学
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。