So-net無料ブログ作成

トロン:レガシー [外国映画☆☆]

2010年12月26日(日) 18:55~ TOHOシネマズ日劇1
料金:1700円(有楽町の大黒屋で前売り購入+差額100円) パンフレット:未確認

『トロン:レガシー』公式サイト

当初評判は悪かったが後年カルトとも言われた「トロン」。
そうとう昔にビデオで観た。何とも妙ちくりんだが、結構良かった記憶がある。

で、本作はリメイクでなく、20うん年たってからの続編。
前作の主人公のジェフ・ブリッジスは、再び登板。電脳世界に残っている設定であり、若い顔のジェフ・ブリッジスも登場。素晴らしいCG補正技術だ。正確には、コピーが年をとらず、本物は電脳世界の中でも加齢している。

コンピュータ・システム自体は、設置場所のゲームセンターが閉ざされたままだったため、20年前と同一だと思われるのだが、処理能力がいつの間にか格段にアップしたのだろうか、電脳世界がとんでもない程広がっている。
ついでに入出力装置が、20年前にはあり得ないものだ。
しかし、セキュリティ・システムに関しては、相変わらず甘い。そもそも守衛が一人しかいない会社などあるのだろうか。
相変わらず、コンピュータ関連の設定に関しては、どの映画もなっていない。

ストーリーのほうだが、確か割りと単純な話だった前作に比較して、電脳世界題材としては、ありがちな複雑もどき設定でありがちな複雑もどき広がりをみせていて、相当にかなり気に食わない。

映像のほうは、前作と比べるも無い進化を見せているが、3D効果が例によってあまり無いのが残念だ。冒頭に一部2Dで撮影していますとか、言い訳をいきなりしているし。

3D効果は、直近では「怪盗グルーの月泥棒」が一番だ。

愛すべき珍品であった前作に比べて、凡庸な超大作に成り下がったという感じだ。

お勧め度:☆☆ 3D効果度:☆★ 俺度:☆☆★







俺は、こっちのほうにセンス・オブ・ワンダーを感じるね。


トロン [DVD]

トロン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



映画データ
英題: TRON LEGACY
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年12月17日
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

スタッフ
監督: ジョセフ・コジンスキー
撮影: クラウディオ・ミランダ
音楽: ダフト・パンク

キャスト
ギャレット・ヘドランド
ジェフ・ブリッジス
オリヴィア・ワイルド


劇中に出てきた曲

「トロン」の公開された年の曲だったか。


フロンティアーズ

フロンティアーズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/05/19
  • メディア: CD



タグ:CG VFX
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 2

roy

先生、先日はお久でした(笑)

相変わらずお元気そうで安心致しました。1作目のトロンは名作でしたよb
わたくし、映画館まで見に行きました。しかも2回も。
当時は斬新な?コンピューターグラフィックということで話題になった記憶がありますが、今となってはカルト扱いですか。
ブレードランナー始め、この時代に作られた映画では、後から評価されるものが多いですよね。今の作品は後になって評価されるんでしょうか?
ちなみにリドリー&ギーガーコンビのエイリアン5が楽しみですb
by roy (2010-12-29 11:46) 

バラサ☆バラサ

>royさん

エイリアン5やるんですねぇ。エイリアンの前日談だとか。
「新ヒロイン役の候補としてナタリー・ポートマン、ノオミ・ラパス、ジェマ・アータートン、ミシェル・ヨー、エリザベス・モスらの名が挙がっている。また、英ガーディアン紙によれば、スコット監督がレオナルド・ディカプリオとマイケル・ファスベンダーの今後のスケジュールを問い合わせていたという話もある。」
とありますが、例によってラッセル・クロウが出てくるか?


by バラサ☆バラサ (2010-12-31 03:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。