So-net無料ブログ作成

アメリア 永遠の翼 [外国映画☆☆★]

2010年11月28日(日) 17:50~ TOHOシネマズららぽーと横浜5
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『アメリア 永遠の翼』公式サイト

フリーパス24本目。

アメリカの歴史的に有名な偉人の一人のようだが、この人の存在は「ナイト・ミュージアム」で初めて知った。
どこかを単独で横断飛行したということを。

それ以上深く調べなかったので、今回ほとんど真っサラな状態。
よってもって、ラストにはビックリ。事実を知っていて観ていたら、どんな感じなんだろう。
もっと含みを持たせたファンタジーな最後にすれば良かったのに。

そういう点も含め、全体的に、とても生真面目な演出であり、かつダイジェスト版みたいなので、極めてドラマ性に欠ける。詳説世界史とでも言うか、教科書みたいな話だ。

また、ひょっと出のエピソードが、伏線にならず無視されているに等しいのは、いかがなものか。

アメリアの亭主が、飛行機の競争で、アメリアを慕っている若い女飛行士に勝たないように脅す。その娘は勝たないが、他の連中に負けて、結局、アメリアは3位。
アメリアの相棒のフレッドは酒に問題があるそうで、ラストフライトの前日に飲んで、アメリアにからむ。「明日は素面で来い。」と言われたら、翌朝、謝罪しながら登場。
浮気の反省も早いし。

他の部分を膨らませて、こんな設定バッサリ切ってしまえばいいのに。

いい題材でいい役者なのだが、少し残念な内容だった。

お勧め度:☆☆★ 生真面目度:☆☆☆ 俺度:☆☆★





アメリア・イヤハート―それでも空を飛びたかった女性 (愛と勇気をあたえた人びと)

アメリア・イヤハート―それでも空を飛びたかった女性 (愛と勇気をあたえた人びと)

  • 作者: リチャード テームズ
  • 出版社/メーカー: 国土社
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 単行本


和書は一冊だけだが、洋書は沢山

Amelia Earhart: American Biographies (Primary Source Readers)

Amelia Earhart: American Biographies (Primary Source Readers)

  • 作者: Tamara Hollingsworth
  • 出版社/メーカー: Teacher Created Materials
  • 発売日: 2010/12
  • メディア: ペーパーバック



Night Flight: Amelia Earhart Crosses the Atlantic

Night Flight: Amelia Earhart Crosses the Atlantic

  • 作者: Robert Burleigh
  • 出版社/メーカー: Simon & Schuster/Paula Wiseman Books
  • 発売日: 2011/02/22
  • メディア: ハードカバー



Amelia Lost: The Life and Disappearance of Amelia Earhart

Amelia Lost: The Life and Disappearance of Amelia Earhart

  • 作者: Candace Fleming
  • 出版社/メーカー: Schwartz & Wade
  • 発売日: 2011/02/08
  • メディア: ハードカバー



Who Was Amelia Earhart? (Who Was...?)

Who Was Amelia Earhart? (Who Was...?)

  • 作者: Kate Boehm Jerome
  • 出版社/メーカー: Grosset & Dunlap
  • 発売日: 2002/11/11
  • メディア: ペーパーバック



Amelia Earhart: The Turbulent Life of an American Icon

Amelia Earhart: The Turbulent Life of an American Icon

  • 作者: Kathleen C. Winters
  • 出版社/メーカー: Palgrave Macmillan
  • 発売日: 2010/11/23
  • メディア: ハードカバー


演じるはエイミー・アダムス

ナイト ミュージアム2 (特別編) [DVD]

ナイト ミュージアム2 (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



映画データ
英題: AMELIA
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年11月27日
(TOHOシネマズシャンテ ほか)
上映時間: 1時間51分
配給: ショウゲート
カラー/シネスコ/ドルビーSR・SRD/DTS

スタッフ
監督: ミーラー・ナーイル
製作総指揮: ロン・バス / ヒラリー・スワンク

キャスト
ヒラリー・スワンク
リチャード・ギア
ユアン・マクレガー



タグ:人間ドラマ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

KLY

こんばんは^^

そうなんですよね。ダイジェスト。
だから知識的に「へぇなるほど」とは思うし、そういう意味では
面白いっていえるのかもしれないけど、じゃあ映画としてどうな
の?っていうと…。
脚色って嘘をつくって意味じゃないですからね、重要なんだな
って思いました。
by KLY (2010-11-30 22:49) 

バラサ☆バラサ

>KLYさん

昔の映像と写真、ナレーションで進めたドキュメンタリーのほうが出来が良くなったかもしれません。
やり過ぎな脚色は何ですが、適度な脚色は重要ですね。


by バラサ☆バラサ (2010-12-02 01:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。