So-net無料ブログ作成

大奥(2010年) [日本映画☆★]

2010年11月3日(水) 14:40~ TOHOシネマズ川崎8
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『大奥』公式サイト

フリーパス6本目。

男女逆転の大奥。フリーパスでなかったらパスしていた。

二宮が大奥入りし、策略で将軍の夜の最初のお相手となり、何と最初のお相手は死罪として処刑される決まりがあるが、コウの計らいでそれを免れ脱出し、新たに町人として人生を送るという、面白くも何とも無いどうでもいい話だった。
コウが、暴れん坊将軍も天晴れなナイスお上のようなのだが、そのカッコよさが十分に描かれていない。
蔵之助の暗躍などもまったく不十分。ただのいい上司にしか見えない。
と人物像も薄い。

やっぱりパスで正解。

二宮は、全体的に体がチッコイのと男子中学生みたいな容貌のため、べらんめえ口調に違和感がある。何か背伸びしてんな、小僧という感じだ。

さて、朝一と変わって、玉山鉄二でなく玉木宏が出ていた。二人の違いが少し判ってきた。が、まだ自信が無い。どうでもいいことだけど。

蔵之助と玉木のラブシーンがあると聞いていたのだが、役者魂の感じられないいい加減なものだった。
いや気合が入ったのを見たい訳ではないのだが。
ということで、全体的に腐女子な感じはあまりしない。そんなんだったら、最初から観にいかないけど。
お暇を出される選別された100人の美男の中に、お世辞にも美男でないものも混ざっているのだが、どういう基準なんだ?そもそも蔵之助は、・・・。

上映中館内で携帯電話で通話する爺登場。
自席から出入り口付近まで移動して立って通話。謎の行動。非常に目立つ。
その内、自席で通話。流石に「うるせえ!」とか言われていた。

お勧め度:☆★ 腐女子度:☆★ 俺度:☆★




関連記事
大奥
大奥十八景


大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2005/09/29
  • メディア: コミック



映画&原作「大奥」公式ガイドブック

映画&原作「大奥」公式ガイドブック

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/08/28
  • メディア: コミック



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年10月1日
(丸の内ピカデリー ほか)
配給: 松竹 /アスミック・エース
カラー

スタッフ
監督: 金子文紀
プロデューサー: 荒木美也子 / 磯山晶
原作: よしながふみ
脚本: 高橋ナツコ

キャスト
二宮和也
柴咲コウ
堀北真希
大倉忠義
金子ノブアキ
阿部サダヲ
佐々木蔵之介
玉木宏


タグ:時代劇
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。