So-net無料ブログ作成

アイルトン・セナ 音速の彼方へ [外国映画☆☆]

2010年11月3日(水) 11:55~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』公式サイト

フリーパス5本目。

1990年代初頭のF1は、一番よく見ていた時代。
セナの事故もライブで見ていた。

ウィリアムズにマクラーレンが勝てなくなってから、ウィリアムズへの移籍を露骨に企むセナは、弱いところを強くしてこそのセナだろと、あまり好きでなかった。
個人的には、ナイジェル・マンセルが一番だ。ウィリアムズの踏むだけマシンで勝ったのだけど・・・。

念願のウィリアムスに移籍したセナだが、レギュレーションの変更により、それまでの強いマシンで無くなり、なかなか勝てなくなったのは皮肉なものだ。それで焦っていたのもあるのかね、あの事故は。

話は、主にプロスト対決で、プロストは結構悪役扱い。現在は、アイルトン・セナ財団の管財人なのだが。
サトルやアグリの気配は無く、ナイジェルでさえ、ドライバーズ・ミーティングで写るだけだ。シューマッハは、ベネトンの車だけ。現役では、バリチェロがちょびっと。何故か、三宅筆頭にフジテレビ軍団が、セナ事故時の放送コメントで出てくる。ついでにSHOW-YAの「限界LOVERS」が流れるシーンあり。そんなんより「Truth」流せよ!

しかし、デビュー時の、弱小マシンでの速さは異常。ジョーダンでのシューも敵わない。
そういう意味でも、セナのウィリアムズ移籍に必死な姿は、当時見るに耐えなかった。
その点、シューはフェラーリと共に成長したようなもんだから・・・。

いずれにせよ、当時を知らない人が観ても面白くも何ともないと思う。

お勧め度:☆☆ 音速の貴公子度:☆☆ 俺度:☆☆☆




セナの搭乗したマシン






関係ないけど、ステファノ・モデナがモナコで予選2位を取ったマシン。

デザイン、カラーリングではティレルが好きな訳で。

ついでに「Truth」




アイルトン・セナ 音速の記録

アイルトン・セナ 音速の記録

  • 作者: クリストファー・ヒルトン
  • 出版社/メーカー: トレジャーパブリッシング
  • 発売日: 2009/01/23
  • メディア: 大型本



アイルトン・セナ 15年目の真実 ~A.セナはなぜ死んだのか~(竹書房文庫)

アイルトン・セナ 15年目の真実 ~A.セナはなぜ死んだのか~(竹書房文庫)

  • 作者: フランコ・パナリッティー
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2009/04/28
  • メディア: 文庫



アイルトン・セナ―真実と軌跡 (文春文庫PLUS)

アイルトン・セナ―真実と軌跡 (文春文庫PLUS)

  • 作者: リオネル フロワサール
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫



セナに捧ぐ ~伝説になった音速の貴公子 [DVD]

セナに捧ぐ ~伝説になった音速の貴公子 [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD



映画データ
英題: SENNA
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年10月8日
(TOHOシネマズ六本木ヒルズ ほか)
配給: 東宝東和
カラー

スタッフ
監督: アシフ・カパディア
脚本: マニッシュ・パンディ

キャスト
アイルトン・セナ
アラン・プロスト
フランク・ウィリアムズ
ロン・デニス
ヴィヴィアーニ・セナ
ミルトン・ダ・シルバ
ネイジ・セナ
ジャッキー・スチュワート
シド・ワトキンス



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。