So-net無料ブログ作成

君に届け [日本映画☆☆☆★]

2010年10月20日(水) 20:05~ チネ4
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

『君に届け』公式サイト

ベストセラー少女マンガが原作。少女マンガは、「はいからさんが通る」と「いけいけ!バカオンナ」しか読んだことがないので、当然未読で、存在すら知らなかった。

微妙な容姿のたべちゃんが好きであり、監督が軟弱な映画に力を発揮する贔屓の熊澤なので、映画館に潜入するのが恥ずかしかったのだが、意を決して何とか観にいった。

基本でろでろのラブストーリーなのかと思ったのだが、むしろ、女と女、男と男の熱い友情の物語だった。
熱血茶髪娘ちづに惚れた。ちづの暴れっぷりには、何度も目頭を熱くさせられたぜ。
幼馴染のちづを密かに愛する、寡黙なナイスガイ龍、とてもいい奴だ。
主役の春馬とたべちゃんの二人より、この二人を応援したくなる。エンドロール中の映像では、仲が急に進展したようで、良かったよ。

いや、いい歳をして、この映画相当気に入った。熊澤監督とは、やはり馬が合う。今度酒を飲もうぜ。

ということで、少しオリジナルを調べると、アニメ版が昨年放送されており、映画の最後のシーンあたりまでが、時間軸で被っていた。脚色が加えられていて、映画版はよりドラマティックにしている。元を読んでも観てもいないので、どちらがいいかとは言えないが、映画の脚色は悪くないと思う。

近年激しく芸風の変わった感のあるARATAが、鬱陶しい教師役。「ワンダフル・ライフ」とか「ピンポン」のARATAは同一人物だったのか?
ちづ役は、「ハナミズキ」の打算的な娘役と同一人物。役どころでイメージが変わるものだ。
春馬君は、「恋空」の金髪役を知らないのであるが、下手するといやらしくなりそうなウザイまでの爽やか青年を、厭味無く演じている。
富田靖子さん、暫くご無沙汰している間に・・・。

一言だけいちゃもん。エンドロール終了後の最後のオマケは要らない。

お勧め度:☆☆☆★ 意外と熱い友情度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆




原作

君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))

君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/05/25
  • メディア: コミック


アニメ

君に届け VOL.1 [DVD]

君に届け VOL.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



たべちゃんの出演作品。
↓知られざる名作

青空のゆくえ [DVD]

青空のゆくえ [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD


↓ヒットしなかったが・・・。

夜のピクニック 特別版 [DVD]

夜のピクニック 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD


↓これは、役者がたべちゃんである必要は無い。

フィッシュストーリー [DVD]

フィッシュストーリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


↓未見。観たい。

ルート225 [DVD]

ルート225 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年9月25日
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督・脚本: 熊澤尚人
原作: 椎名軽穂
脚本: 根津理香

キャスト
多部未華子
三浦春馬
蓮佛美沙子  ← 注目!
桐谷美玲
夏菜
青山はる
金井勇太
富田靖子
ARATA
勝村政信



タグ:青春映画
nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 5

ぴーすけ君

多部ちゃんといえば「ポンキッキ」ってイメージ。
by ぴーすけ君 (2010-10-21 20:03) 

丹下段平

もっと本格的に恥ずかしい話かと思ったけど、そうじゃなくて良かったです。多部ちゃん、さすがの演技力。全般的にキャスティングが的確だった気がしました。
by 丹下段平 (2010-10-22 02:03) 

non_0101

こんにちは。
お友達が原作に惚れ込んでいて、全巻読まされました(^^ゞ
原作はあまりにも可愛くてストレートなので、これをどう映画化する?と思っていたら、
原作どおりのストレートさでしたね。
恋も友情も素直に心に来る作品でした。
熊澤尚人監督好きです☆
by non_0101 (2010-10-24 10:42) 

ジャニスカ

私はあのエピローグはこの作品に不可欠なものだったと思っています。
by ジャニスカ (2010-10-24 13:59) 

バラサ☆バラサ

>ぴーすけ君さん
「ポンキッキ」に出ていたのですか?

>丹下段平さん
思ったほど恥ずかしい話でなかったですね。
でも上映終了後、明るくなって出て行くのは、少し恥ずかしかったです。
キャスティングは、良かったですね。芸風の変わったARATA含めて。

>non_0101さん
わたしにも、本を読めというオファーがきました。好きな人が多いようですね。

>ジェニスカさん
原作を読んでいないので何とも言えないのですが、エンドロールにも続き映像があったので、クドイかなと思った訳です。


by バラサ☆バラサ (2010-10-24 21:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。