So-net無料ブログ作成

ナイト&デイ [外国映画☆☆☆]

2010年10月18日(月) 21:50~ TOHOシネマズ日劇1
料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:600円(買っていない)

『ナイト&デイ』公式サイト

巻き込まれ型スリラー。スリラーというよりアクションで、ラブ・コメディ。

話としては、「エクスペンダブルズ」級にテキトーでペラくて中身が無い。少しばかり込み合っているけど。そして、緊張感の欠片も無い。

一番の欠点は、到底不可能であろうというアクションを、キャメロン・ディアスが薬で眠らされて朦朧としているということで、彼女視点の映像にして省略しまくるところだ。危機に陥ると気を失い、次の危機に。
これは最後のオチに繋がるものでもあるが、むしろ手抜きの言い訳のような感が否めない。逆さづりからの脱出方法が皆目検討がつかない。

どちらかの役者のファンであれば、観ていて楽しいだろうが、それ程でもない人には、かなりどうでもいい作品だ。

しかし、これ程評価が低くなるのは、多分に俺好みの大バカ映画「エクスペンダブルズ」を、この直前に観てしまったせいであろう。
一番の問題は、キャメロン・ディアスという女優が、あまり好きでないということか。「メリーに首ったけ」では素敵だったのだが・・・

ただ、この二人の前の共演「バニラ・スカイ」の1万倍は面白い。

そう言えば、クライマックスのスペインでの闘牛含めたチェイスは凄いよ。
何故か予告編と本編のこのシーン、キャメロン・ディアスの台詞が微妙に異なっている。

お勧め度:☆☆☆ 闘牛はCG?度:☆☆☆ 俺度:☆☆★




巻き込まれ型の傑作

走らなあかん、夜明けまで (講談社文庫)

走らなあかん、夜明けまで (講談社文庫)

  • 作者: 大沢 在昌
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/03/13
  • メディア: 文庫



涙はふくな、凍るまで (講談社文庫)

涙はふくな、凍るまで (講談社文庫)

  • 作者: 大沢 在昌
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/10/16
  • メディア: 文庫



映画データ
英題: KNIGHT AND DAY
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年10月9日
上映時間: 1時間49分
配給: 20世紀フォックス映画
カラー

スタッフ
監督: ジェームズ・マンゴールド
脚本: デイナ・フォックス / スコット・フランク

キャスト
トム・クルーズ
キャメロン・ディアス
マーク・ブルカス
マギー・グレイス


タグ:アクション
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(28) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

non_0101

こんにちは。
この作品、もしかしたら女子向き映画なのかも知れませんね~
あの緊張感の無さが気に入ってしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2010-10-24 10:45) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

男子映画筆頭と言われる007でも、ロジャー・ムーアのは緊張感の欠片もありません。

結構酷評になっているのは、緊張感が無いからでなく、単に「エクステンダブルズ」の後に観たからだと思われます。
by バラサ☆バラサ (2010-10-24 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 28

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。