So-net無料ブログ作成

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [外国映画☆☆☆]

2010年9月22日(水) 20:40~ チネ10
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない。2と共通)

『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』公式サイト

連荘で観る。

タイトルの「ミレニアム」は、主人公の男のほうの経営する雑誌社。その雑誌が活躍する訳でもないのに、何故にタイトルに?と思っていたのだが、今回は他の編集員も中活躍くらいする。

良く判らない人間関係と事件の全貌を知るのが課題だったのだが、やっぱりよく判らなかったよ。特に、「班」の連中。

しかし、サスペンスあり、スリラーあり、法廷物あり、アクションあり、色々娯楽が詰め込まれた欲張りな作品だ。

ハッキングしたものが証拠として採用されることは無いような気もするが・・・。
と、結構あっけなく法廷は終了するけど。
(そもそも、あんなに易々と他人のPCに接続できないのだが。)

ターミネーター兄貴との最終決戦は、アイディア一発で勝利を収める。これは優れた戦法だ。

理解足らずで消化不良のところは、小説で整理するか。

で、こいつもブルーレイ上映なので、敢えて劇場で観る必要性は感じられない。

お勧め度:☆☆☆ ターミネーター度:☆★(2よりDOWN↓) 俺度:☆☆☆







ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上

  • 作者: スティーグ・ラーソン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/09
  • メディア: 単行本



ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 下

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 下

  • 作者: スティーグ・ラーソン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/09
  • メディア: 単行本



映画データ
英題: THE GIRL WHO KICKED THE HORNET'S NEST
製作年: 2009年
製作国: スウェーデン
日本公開: 2010年9月11日
上映時間: 2時間27分
配給: ギャガ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル
(ドルビーだったかなぁ?)

スタッフ
監督: ダニエル・アルフレッドソン
原作: スティーグ・ラーソン
脚本: ヨナス・フリュクベリ
撮影: ペーテル・モクロシンスキー
音楽: ヤコブ・グロート
キャスト
ミカエル・ニクヴィスト
ノオミ・ラパス
レナ・エンドレ
アニカ・ハリン



タグ:サスペンス
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 2

bamboosora

お久しぶりです。
相変わらず、たくさん観てますね。
頭が下がります。
by bamboosora (2010-09-23 16:57) 

バラサ☆バラサ

>bammboosoraさん

今年は若干ですが、ペースがおちています。

by バラサ☆バラサ (2010-09-26 01:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。