So-net無料ブログ作成
検索選択

悪人 [日本映画☆☆☆]

2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

『悪人』公式サイト

深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が24時だというのに妙に混んでいる。銀座地区ではみゆき座での公開だが、小さいみゆき座で収容できる客の倍ぐらい入っている。これだとみゆき座の席は、全回ほとんど完売か。

能天気な好青年のイメージの強い妻夫木が、何を考えているか判らない物凄い暗い男を演じ、いつ観ても恩田すみれを演じていても幸薄そうな顔の深津絵里が、まさに幸薄いこれまた暗い女を演じる。

どうしたものか世の中に恨み千万な暗い男女のラブストーリーで、取り巻く人間も若干名を除いて根性の曲がった奴ら、すなわち悪人ばかりなので、とても憂鬱になってくる作品だ。

2時間以上の間、陰々滅々とした話を観させられるのだが、意外なことに退屈はしない。

怪優満島ひかりが、本当に車から蹴りだしたくなるような鬱陶しい女を怪演。相変わらず出来る女だ。
ナイスガイしか演じないような岡田将生が、根性の曲がった坊ちゃん大学生を好演。着実に成長している。
その他の役者も芸達者揃いだ。

嫌な奴だらけの本作で、バスの運転手が、まさに九州男児ここにありな男気を見せている。一番の役得と言えよう。

坊ちゃん岡田の取り巻きみたいな友人たちの中で、唯一真人間さを見せる役を永山絢斗という奴が演じている。坊ちゃんを殴るかと思ったら、そんなことも無く大して活躍はしない。しかし、かなりのクローズアップ度合いである。瑛太の弟だということだが、スターにでもしたいのかね。プッシュしまくり、かなり不自然な扱い。

お勧め度:☆☆☆ 薄幸度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆





悪人(上) (朝日文庫)

悪人(上) (朝日文庫)




悪人(下) (朝日文庫)

悪人(下) (朝日文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/11/06
  • メディア: 文庫



悪人 シナリオ版 (朝日文庫)

悪人 シナリオ版 (朝日文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/08/06
  • メディア: 文庫



映画「悪人」 フォトストーリーブック

映画「悪人」 フォトストーリーブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/08/20
  • メディア: 単行本



同じ原作者の小説。最近映画になった。観ていないけど。小説の評判が高い。読んでいないけど。

パレード (幻冬舎文庫)

パレード (幻冬舎文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 文庫



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年9月11日
上映時間: 2時間19分
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督・脚本: 李相日
原作・脚本: 吉田修一
音楽: 久石譲

キャスト
妻夫木聡
深津絵里
樹木希林
柄本明
岡田将生



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(47) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 47

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。