So-net無料ブログ作成

ぼくのエリ 200歳の少女 [外国映画☆☆☆]

2010年8月17日(火) 18:50~ 銀座テアトルシネマ
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない)

『ぼくのエリ 200歳の少女』公式サイト

200歳の少女などというからヴァンパイアねただと一発で判る。

いじめられっ子の12歳の少年と、隣に越して来た見てくれ12歳のヴァンパイアとのラブストーリーだ。

ヴァンパイアと人間のラブストーリーというと例のアレ、「トワイライト・サーガ」というものがあるが、アレはアメリカ映画なので、かなり単純なエンタテイメント。こっちは、スウェーデンというヨーロッパ産なので、物静かで変な雰囲気である。

何かその変な雰囲気が、今は無き大塚名画座で観た「白夜」に似ていると感じた。大昔の記憶なので、実際のところ全然違うかもしれないけど。
ちなみに「白夜」というのは、ヴィスコンティのでない。テープに四六時中独り言を吹き込んでいる事件記者コルチャックかよ!という鬱陶しい青年が主人公だった。色々調べているのだが、どうしてもこの映画の情報が見当たらない。同時上映が「暗殺のオペラ」で、この訳の判らない映画の記憶もあるので、幻ではないはずなのだが・・・

200歳の少女は、オッサンと同居しており、彼女のために血を回収してくる係なのだが、何度か失敗をしてしまい、結局自分の血を分け与えて、絶命してしまう。

少年は、どうやらヴァンパイアのお供の人生を選択したようなのだが、同じような末路が想定される。

つまり、12歳の姿で血の回収係の人間を確保し、年をとって役に立たなくなれば、別の男に乗り換える。それで200年生きてきた。何と嫌な女の話なんだろう。
200歳の女が、12歳なんて真剣に相手すると思えないし。

しかし、残念ながら、それほど男を惑わすような美少女ではない。(そもそも女じゃなかった。

少年に、少しトラヴィスが入っているところは、とても感慨深い。

一筋縄でいかない変な作品である。スプラッタあるし。

お勧め度:☆☆☆ トラヴィス度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

例によってリメイクだと。監督は、クローバー・フィールドの奴だって!?






原作

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/12/30
  • メディア: 新書



MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 新書



実年齢の離れたラブストーリーと言えば、

ライオンブックス(3) (手塚治虫文庫全集 BT 30)

ライオンブックス(3) (手塚治虫文庫全集 BT 30)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 文庫


ヴァンパイアでなく悪魔。

映画データ
英題: LAT DEN RATTE KOMMA IN
製作年: 2008年
製作国: スウェーデン
日本公開: 2010年7月10日
上映時間: 1時間55分
配給: ショウゲート
カラー/スコープサイズ/SRD/DTS

スタッフ
監督: トーマス・アルフレッドソン
原作・脚本: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
製作: ヨン・ノードリング / カール・モリンデル
撮影: ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集: ディーノ・ヨンサーテル / ーマス・アルフレッドソン
美術: エヴァ・ノレーン
衣装・ヘアメイク: マリア・ストリード
作曲: ヨハン・セーデルクヴィスト
キャスト
カーレ・ヘーデブラント
リーナ・レアンデション
ペール・ラグナル
ヘンリック・ダール
カーリン・ベリィクイスト
ペーテル・カールベリ
イーカ・ノード
ミカエル・ラーム
カール=ロベルト・リンドグレン
アンダーシュ・テー・ペードゥ
パレ・オロフソン



nice!(25)  コメント(5)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 25

コメント 5

通りすがり

原作によると同居人の中年男性は小児性愛者でエリとの出会いは数年前。
エリが初めて心を開いた相手がオスカーということになってます。

邦題と映倫修正のせいで重要な設定がわからなくなっていますから、「ぼくのエリ 修正」「ぼくのエリ 映倫」での検索は必須です。
by 通りすがり (2010-08-18 09:57) 

yu-papa

先日映画を見に行ったのですが、半分も見ないうちに・・・・
寝てしまいました(凹)・・・・面白さがもう一つと言う所でしょうか。
by yu-papa (2010-08-21 22:06) 

バラサ☆バラサ

>通りすがりさん
情報ありがとうございます。やはり一筋縄でいかないですね。
アイスバーグ、ルンバには修正がなかったのですが、あっちはまったくどうでもいいシーンで、重要なものに修正をかけられると困ります。

>yu-papaさん
寝不足のときは、眠ってしまいそうな作品は避けます。

by バラサ☆バラサ (2010-08-22 23:25) 

リバー

TB ありがとうございます。

米映画にはない雰囲気で
私的には好きでした

それにしても リメイク作がどうなるか
不安でもありますが ちょっと楽しみです
by リバー (2010-08-29 12:52) 

バラサ☆バラサ

>リバーさん

監督次第ではありますが、アメリカの手にかかると、無難なエンタテイメントになる可能性もありますね。
by バラサ☆バラサ (2010-09-04 01:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。