So-net無料ブログ作成

太平洋の翼 [日本映画☆☆★]

2010年8月14日(土) 16:50~ 銀座シネパトス1
料金:1300円


太平洋の翼 [DVD]

太平洋の翼 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



銀座シネパトスの「夏休み特撮映画特集 戦争映画編」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
太平洋戦争末期、選挙区打開のため日本海軍は最新鋭戦闘機「紫電改」の量産を決定。千田を隊長とする部隊編成に、硫黄島、ラバウル、フィリピンなど各地から優秀な搭乗員を終結させた。東宝特撮絶頂期の空中戦・戦艦大和の出撃などが空前絶後のスケールで描かれる。
<引用終り>

紫電改部隊の司令に三船敏郎。硫黄島からの隊長は、夏木陽介。ラバウルは、佐藤充。フィリピンは、加山雄三。
夏木陽介は、いつもの高校教師みたいなキャラクター。佐藤充って人は、東映の役者だとばかり思っていたのだが、元々東宝なんだな。でも役どころは、東映のキャラと同じ。加山雄三は、「歯を食いしばれ。」とかビンタするし、いつもの若大将なキャラクターではない。能天気とは対極の人物である。

ミニチュアが精巧で、それを眺めているのが楽しいが、話に一本筋が通っていない感じがし、ミニチュアばかり見ていても、少しばかり退屈であり、何度か気を失ってしまった。おかげで、加山雄三の最後のシーンを見逃した。

部隊は壊滅後、広島に原爆が落とされたとテロップが出て、終戦後の子供が遊ぶ海辺で、三船の平和への願いのナレーションで終了。

単純な戦争アクションかと思っていたが、そういう作品ではなかった。

佐藤充の部下で渥美清が出ている。

お勧め度:☆☆★ ミニチュア度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★






紫電改関連







最強戦闘機紫電改

最強戦闘機紫電改

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 大型本



局地戦闘機「紫電改」完全ガイド (イカロス・ムック WW2傑作兵器シリーズ)

局地戦闘機「紫電改」完全ガイド (イカロス・ムック WW2傑作兵器シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2010/01/30
  • メディア: ムック




タグ:戦争映画
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。