So-net無料ブログ作成

シーサイドモーテル [日本映画☆☆]

2010年7月29日(木) 20:35~ ヒューマントラストシネマ渋谷2
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない)

『シーサイドモーテル』公式サイト

山の中にあるシーサイドと名づけられたモーテル。
詐欺化粧品を売るセールスマンと部屋を間違ってやって来た娼婦、
チンピラと彼女、チンピラから借金の取立てで追い込むヤクザと弟分、チンピラを痛めつけるために現れた温水、
下町で格安スーパーを経営しているオヤジとその夫人、
キャバ嬢を旅に連れ出したジャガーの男、
それぞれ別の部屋に入っている。
ついでに、警邏中の警官二人。

バラバラの話が、グルグルと纏まっていくパターンの話を当然期待する訳だが・・・

しかも癖のある登場人物に、演じるのは、かなり豪華な役者たち。

なんと断片的にしか、各部屋のエピソードは繋がらない。
あいつが、こういう行動を取ったから、こいつは、こういう目にあったなどというのは、記憶の限りでは、社長のオヤジが呼んだ娼婦が、連絡ミスでセールスマンの部屋に入ったということだけ。
他に何かあったっけ?
あ、ジャガー男のぎっくり腰での救急車コールが、引き金になったというのはあったか。
と、ほとんど覚えていない。くらい無い。あるいは、印象に残らない。

期待が飽和点超えるレベルだっただけに、ガッカリ感が尋常じゃない。
単発のギャグも笑えないものが大多数。すべてと言っても過言ではない。

脚本が駄目と思ったが、何と原作のマンガがあるそうだ。
そもそも、原作が悪いのか、脚色の失敗なのか。

何を演じても素敵な麻生久美子さんだけが、この映画の取柄だ。
璃子ちゃんは、賢そうに見えるので、ミスキャストか。
玉山鉄二と山田孝之はまた共演かと思ったら、あっちの共演は玉木宏だった。相変わらず、この二人の区別がつかない。

最後の写真の謎は、無視することにする。

お勧め度:☆☆ 群集度:☆ 俺度:☆☆




↓原作

MOTEL (ニチブンコミックス)

MOTEL (ニチブンコミックス)

  • 作者: 岡田 ユキオ
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2008/01/11
  • メディア: コミック


↓続編?

MOTEL~THE LAST WEEK (ニチブンコミックス)

MOTEL~THE LAST WEEK (ニチブンコミックス)

  • 作者: 岡田 ユキオ
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2010/06/05
  • メディア: コミック


↓ムックも出るほど力が入っていたのか・・・

シーサイドモーテル オフィシャル・ブック

シーサイドモーテル オフィシャル・ブック

  • 作者: マガジンハウス
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/05/27
  • メディア: 大型本



THE STORY BOOK OF『シーサイドモーテル』

THE STORY BOOK OF『シーサイドモーテル』

  • 作者: 『シーサイドモーテル』製作委員会 編
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2010/06/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



↓はっきり言って、こっちのほうが面白い。

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



↓これらは、所謂切り株系の範疇だけど。

モーテル [DVD]

モーテル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD






映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年6月5日
(新宿ピカデリー ほか)
配給: アスミック・エース
カラー

スタッフ
監督・脚本: 守屋健太郎
原作: 岡田ユキオ
脚本: 柿本流
プロデューサー: 藤村恵子
協力プロデューサー: 小林智浩
アソシエイトプロデューサー: 平体雄二
撮影: 鰺坂輝国
美術: 磯見俊裕
照明: 平野勝利
録音: 古谷正志
衣裳: 申谷弘美
ヘアメイク: 浅野有紀
助監督: 杉田満
制作担当: 宮田幸太郎

キャスト
生田斗真
麻生久美子
山田孝之
玉山鉄二
成海璃子
古田新太
温水洋一
小島聖
池田鉄洋
柄本時生
山崎真実



タグ:コメディ
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(7) 

nice! 7

コメント 4

rose_chocolat

私もこれイマイチだったなー。
オムニバスは好きなんだけど、おっしゃる通り繋がってないのよね。
ところどころ、いいなっていうのはあったけど。 最後にちゃんと綺麗に繋がってこないとオムニバスとしては物足りないです。
by rose_chocolat (2010-07-30 18:19) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコで上映すると思います。
by サンフランシスコ人 (2010-08-01 05:35) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん

内田けんじとかあるいは伊坂幸太郎原作ものとか、ああいうのを期待したんですけど、ちょっと中途半端でしたね。残念でした。

>サンフランシスコ人さん

他に上映したほうがいい作品があると思います。

by バラサ☆バラサ (2010-08-03 03:13) 

サンフランシスコ人

アメリカ人は、この種の映画が好きです。
by サンフランシスコ人 (2010-08-03 05:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。