So-net無料ブログ作成

宇宙ショーへようこそ [日本映画☆☆☆]

2010年7月22日(木) 18:00~ シネ・リーブル池袋2
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認

『宇宙ショーへようこそ』公式サイト

大々的宣伝で拡大公開し、順調にヒットを飛ばす2大巨頭のアニメの中、ひっそり小規模公開だが、何やら評判が高い。

田舎の分校(?)の子供たちが、夏休みに、学校泊り込みの合宿を行う。彼らが飼っていた行方不明のウサギを探しに山に行くとミステリー・サークルを発見。草むらに怪我をした犬がいて解放するが、そいつは日本語を解する宇宙人(?)であった。「犬じゃない!」と怒るので、人なんだろう。裸だけど・・・。
助けてくれたお礼にと宇宙へと招待されるが、そこで事件に巻き込まれてしまう。山葵のために。

田舎の分校であるが、「天然コケッコー」とは異なり、全員が小学生。2年から6年まで、一人づつ。
子供が主役なので、基本的には子供のための作品である。
が、精神年齢や嗜好が小学校4年から大きく変化していない俺には、十分楽しめる作品だった。

とは言え、子供ものとしては、話が長くて(140分くらいある)、少し退屈してしまうところがある。本当の子供には耐えられないで、キーキー言い出す恐れあり。

しかも、話が長い癖に説明不足なところもある。
特に、良く解らないのは、子供たちに協力する犬。
自分の星では教授のようだ。教授にしては、両親が若く、その家庭での位置づけも、高校生の息子レベル。2年生の幼女に惚れ、4年生と5年生の女子は眼中に無い。競馬(のようなもの)で一攫千金を狙うが、全部すってしまったようだ。重要な計画の一部だったのだが、なんら釈明をしていない。役人(宇宙センター職員)に目を付けられているようだが、過去に何があったのか。

一番解らないのは、悪役の本当の目的。大王を蘇生(?)させて、どうするんだっけ?

どうやら細かい設定が存在し、それらはパンフに書いてあるそうだが、マニアックな作品でもあるので、解析サイトが運営されることを期待。

小3男子と宇宙人の娘のラブストーリーが、ほのぼのと泣かせる。

ジブリとピクサーに興行収入、知名度、すべからく負けているが、内容的には、それ程は負けていない。粘って上映を続けてくれ!

観客は、すべて20歳前後の年齢に見受けられた。18~22くらい。
やはり、観客を選ぶ作品と言えようか・・・。

お勧め度:☆☆☆ 設定詳細度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★






去年も夏休みアニメがあった



サマーウォーズ [DVD]

サマーウォーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年6月26日
配給: アニプレックス
カラー

スタッフ
監督: 舛成孝二
脚本: 倉田英之
原作: ベサメムーチョ
キャラクターデザイン・作画監督: 石浜真史
音楽: 池頼広


タグ:アニメ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

non_0101

こんばんは。
子供向きの物語かと思っていたら、結構、展開が速くてビックリでした。
観客も若い男の人ばかりで、ちょっと意外でした。
細かい設定があるのですか~
知ってから観ると、深く楽しめるのでしょうね☆
by non_0101 (2010-08-04 00:37) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

「サマーウォーズ」も、客は若い男ばかりでしたが、あちらは明らかに子供はターゲットでなかったですね。

本作、子供受けする部分もありましたが、どちらかというと青年がターゲットの作品なんでしょうか。今でもレイトショー続いているし。

それぞれの詳細なキャラクター設定を知りたいです。

by バラサ☆バラサ (2010-08-07 16:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。