So-net無料ブログ作成

人格転移の殺人 [書籍]


人格転移の殺人 (講談社文庫)

人格転移の殺人 (講談社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/02/15
  • メディア: 文庫



PISMOだったか文教堂だったか忘れたが、どちらかの本屋さんで、スタッフお勧めで積まれていた「七回死んだ男」。推理小説であるが、「バタフライ・エフェクト」のような何度もやり直し。その変わった設定も生きていた大変面白いミステリーだった。その作者西澤保彦の作品。

これも、多重人格でなく人格転移。設定が凝っている。
地球外生命体か古代文明かが残した謎の遺跡。その中に入り込んだ人間は、人格の転移が死ぬまで続く。二人で入った場合は、交互に。複数人数で入ってしまったら、時計回りに順番。他人の体に自分の心が転移してしまう。その周期はランダムである。

転移が止まるのは、肉体が滅んだ時。死んだ肉体には転移されない。例えば、俺→岡田准一→いのっち→つよぽん→キムタクという組み合わせで、その謎の遺跡に入リ込むと、俺はまず岡田准一の体となる。岡田はいのっち、つよぽんはキムタク、キムタクは俺だ。
その時に、いのっち、つよぽんの肉体が滅びると、次の俺の転移先は、いのっちとつよぽんをすっ飛ばしてキムタク。
そこで俺の肉体も滅びると、次はまた岡田准一。そうすると、俺の精神は、目出度く岡田准一とキムタクを往復することになる。
肉体が滅びる時は、転移している精神も滅びるので、最初に、岡田といのっちの精神が滅び、つよぽんが俺の時に、俺の肉体が滅びるので、つよぽんの精神も滅びる。

という設定で、アメリカのショッピング・モールに、壊すに壊せないで残っていたその遺跡。大地震が起きてそのこに逃げ込んだ男女7人の間の殺人事件。

で読んだ感想は、どうにも、あまりに技巧に走りすぎた設定であるゆえに、解釈するのが物凄く面倒くさい。巧く纏めていはいるのだが、やり過ぎの作品だ。

「七回死んだ男」も、設定が普通でないのだが、シンプルで面白かった。これは、ちょっと期待ハズレだな。
この作家の作品を続けて読むことを悩んでしまう。

お勧め度:☆☆ 技巧に走りすぎ度:☆☆☆ 俺度:☆☆

最近、本を読むペースが尋常ではなく落ちている。



「七回死んだ男」は、マジで面白いです。

七回死んだ男 (講談社文庫)

七回死んだ男 (講談社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/10/07
  • メディア: 文庫



「バタフライ・エフェクト」に影響を与えたに違いない。傑作。

リプレイ (新潮文庫)

リプレイ (新潮文庫)

  • 作者: ケン・グリムウッド
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1990/07
  • メディア: 文庫




タグ:ミステリー
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。