So-net無料ブログ作成
検索選択

レポゼッション・メン [外国映画☆☆]

2010年7月14日(水) 13:45~ TOHOシネマズみゆき座
料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない)

『レポゼッション・メン』公式サイト

ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカーと有名な役者の出ている近未来SF。丸の内ルーブル系で上映されそうなものだが、東京では、このスクリーンが小さいみゆき座とお台場だけの上映。上映館数が少ない。期待されていない作品のようだ。

人工臓器を高利の割賦販売し、支払いが出来なくなったら、人工臓器を毟り取る。人工臓器製造販売会社の人工臓器毟り取り人レポ・メンが、事故から人工臓器を移植されてしまい、自分がその立場になったら、レポ・メンを続けることができず、収入が無くなったので支払いが滞り、自分もレポ・メンに追われる。
どっかで観た記憶のある「マイノリティ・リポート」のようだ。

ビジュアル面では、「マイノリティ・リポート」ほど金はかかっていない。近未来として何年の設定かわからないが、車とコンピュータは、たいした進歩をしていない。つまり、小道具もかなり手抜きだ。舞台となるのもスラムみたいな場所なので、未来感は感じられない。タイプライターがゴミとは言え、現存しているのも謎だ。傷口の縫合技術だけは進化しており、縫う必要はなく、強力接着剤みたいので傷口を塞ぐ。するとすぐに動ける次第だ。

細かいところに気を使っていないSF作品は総じて面白く無いが、これも1時間半くらいはかなり退屈である。
しかし、終わりのほうの15分。決着をつけに、人工臓器製造販売会社の本社に乗り込んでからは、「トータル・リコール」の前半の逃走シーンを思い出す、そこだけは滅茶苦茶な面白さだ。ジュード・ロウのアクションが炸裂!
しかも、最後は蛇足。必要なかった。匂わせる程度ですまして欲しい。

そもそも臓器を取り除くと死んでしまうのだが、「きまりだから聞いておくが、救急車をよぶか?」、それだけ言って、うむを言わせず開腹し人工臓器摘出。しかも、そのセリフの前にスタンガンみたいなので、気絶させているのだから、助かる要素はゼロ。
契約書に、滞納した場合は臓器が摘出され、結果的に死に至ると明記されているのだろうか。
どうにも、その文言も無さそうなんだが、社会的にお咎めの無い企業のようである。

ヒロインは、人工臓器を10個保有しているのだが、そのうち他社のものも闇市場のものもある。しかし、この会社のコンピュータは、自社製以外の情報も保有し、回収対象にしているらしい。

終わりのほうの15分のアクションだけが面白い、設定が手抜きの安っぽい近未来SF作品である。

額が凄いことになっているジュード・ロウだが、横っちょに10円大の円形脱毛症みたいなものが。
演じている役は、悩める男なので、役作りの一環だろうか・・・

お勧め度:☆☆ 二番煎じ度:☆☆☆ 俺度:☆☆




↓原作

レポメン (新潮文庫)

レポメン (新潮文庫)

  • 作者: エリック ガルシア
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: 文庫


↓近未来SF
↓まあ、それ程面白くは無かったのだが。

マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]

マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


↓大傑作!俺には

トータル・リコール [DVD]

トータル・リコール [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


↓巷の評判ほど感心はしなかったのだが。

ブレードランナー 最終版 [DVD]

ブレードランナー 最終版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


以上に比べると激しく劣る。

映画データ
英題: REPO MEN
製作年: 2010年
日本公開: 2010年7月2日
(TOHOシネマズみゆき座 ほか)
配給: 東宝東和
カラー

スタッフ
監督: ミゲル・サポクニック
原作・脚本: エリック・ガルシア
脚本: ギャレット・ラーナー
撮影: エンリケ・シャディアック
音楽: マルコ・ベルトラミ
キャスト
ジュード・ロウ
フォレスト・ウィッテカー
リーヴ・シュレイバー
アリシー・ブラガ
カリス・ファン・ハウテン



タグ:SF映画
nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(20) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 5

hash

>強力接着剤みたい
近未来的なのはここだけでした。
予算の問題なのかもしれませんが、傍からみると手抜きでしかないですよね。
by hash (2010-07-17 00:44) 

non_0101

こんにちは。
そうそう、近未来なのに進化していないところが多いなあと思いながら観ていました。
指示書が紙というのもちょっと面白かったです。
携帯端末とかありそうなのになあ。
途中はスプラッター過ぎてうわーと思っていましたけど、
ジュード・ロウのかっこ良いアクションが観れて良かったです☆
by non_0101 (2010-07-17 11:08) 

バラサ☆バラサ

>hashさん
予算がなかったんでしょうね。役者にとられて。
KISSのジーン・シモンズが出ていた昔の「未来警察」より酷いような。

>non_0101さん
そういや紙で渡していましたね。契約社員で、システムにアクセス禁止なんでしょうか。

ジュード・ロウのアクションって過去にありましたっけ。「シャーロックホームズ」では、相棒にまかせっきりだったような。「スカイ・キャプテン」(未見)であったのかな。
by バラサ☆バラサ (2010-07-17 16:01) 

oguogu

TB&コメントさせてもらっちゃいますねー。
人工臓器の前に、人工植毛が必要っぽい
ジュードさんでしたが、私は結構この映画楽しめました。
最後は特に伏線が生かされてよかったです。


by oguogu (2011-08-22 23:38) 

バラサ☆バラサ

>oguoguさん

最近不自然なニコラス・ケイジと異なり、ジュード・ロウは潔くていいかと思います。

by バラサ☆バラサ (2011-08-28 19:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。