So-net無料ブログ作成

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [外国映画☆☆☆]

2010年7月13日(火) 18:30~ ヒューマントラストシネマ有楽町1
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない)

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』公式サイト

アメリカでNo.1ヒットのコメディ。日本では、アメリカ産コメディがうけないので、DVDスルーかと思いきや晴れて劇場公開となった。

バチェラー・パーティーの翌日、強度の二日酔いで目を覚ますと、スィート・ルームは壊滅的、花婿はいない、虎はいる、赤ん坊までいる!ホテルの屋上で酒盛りしてからの記憶が全く無い!いくつかの手がかりから、花婿を探そうとする三人メメント状態な作品だ。

強度の二日酔い、何を言ったか覚えていない、誰にあったか覚えていない、ということは多々あるので、かなり共感が持てる作品である。何せ翌日、知らない(正確には覚えていない)人の名刺を持っている時が多々ある。後で会ったりすると、話を合わせるのに熟練の技が必要となるが、まあ手馴れたものだ。と、自慢にもならないことを自慢している。
が、流石に、あんなに長時間の行動の記憶が飛ぶことは無い。何とこいつら屋上での酒にドラッグを混ぜていたそうな。皆真面目なので解すために義弟曰く「誠実そうな」売人から買ったとのこと。このドラッグが、より強力なタイプを誤って売られていた。

堅苦しく倫理的に言うと、青少年には宜しくないところも多々あるが、そこのところ大目に見てやると、たいそう笑えるコメディだ。まあ、青少年は見ないか。

「誠実そうな」ドラッグの売人に加えて、何故か過度の復讐をしないアッパーなアジア系マフィアも出てくる。主人公の友人、歯科医のステュの彼女以外は、基本的には気のいい人間。マイク・タイソンさえも。タイソンは、そうでもないか。

意外に結構な年齢のオッサンの客多し。やはり、若者の酒飲みは減っているが、酒の世界でオッサンは不滅だ。

お勧め度:☆☆☆ 二日酔い度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★




酒映画
↓狂気の人ルトガー・ハウアー先生主演。割とまともな役らしい。観ていない。

聖なる酔っぱらいの伝説 [DVD]

聖なる酔っぱらいの伝説 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD


↓有名なアル中の映画。観ていない。

失われた週末 [DVD] FRT-139

失われた週末 [DVD] FRT-139

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD


↓愚作。フレアー・バーテンディングしか見ものなし。俺の贔屓のエリザベス・シューは出ているが。

カクテル [DVD]

カクテル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



二日酔い対策

二日酔いの特効薬のウソ、ホント。

二日酔いの特効薬のウソ、ホント。

  • 作者: 加藤 晋三
  • 出版社/メーカー: 日東書院本社
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


↓対策グッズ















安いのから高いのまで色々ある。

体験者から言うとだな、ウコンの錠剤が効くのかというと効く。その日は。
しかし、快調に飲めるので、その日に飲みすぎる結果になる。
結局、翌日は二日酔いになるので、金がかかるだけで、意味は無い。
つまり、自制(むしろ自粛)しろということだ。

映画データ
英題: THE HANGOVER
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年7月3日
上映時間: 1時間40分
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD/SDDS

スタッフ
監督: トッド・フィリップス
脚本: ジョン・ルーカス / スコット・ムーア
製作: トッド・フィリップス / ダン・ゴールドバーグ
音楽: クルストフ・ベック
編集: デブラ・ニール=フィッシャー
美術: ビル・ブルゼフスキー
撮影監督: ローレンス・シャー
製作総指揮: トーマス・タル / ジョン・ジャシュニ / ウィリアム・フェイ / スコット・バドニック / クリス・ベンダー / J・C・スピンク

キャスト
ブラッドリー・クーパー
エド・ヘルムズ
ザック・ガリフィナースキ
ヘザー・グレアム
ジャスティン・バーサ
ジェフリー・タンバー
マイク・タイソン
ケン・チョン
レイチェル・ハリス
ロブ・リグル
サーシャ・バレス
ブライアン・カレン
イアン・アンソニー・デイル
ジリアン・ヴィグマン



タグ:コメディ
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 4

ジジョ

みんな気のいい人でしたね☆
バカなコトした人にとっても寛容な^^
花嫁の父の一言もかっこよかったですw
by ジジョ (2010-07-15 02:34) 

バラサ☆バラサ

>ジジョさん

花嫁の父は、父というより男の要素が強いのですかね。

by バラサ☆バラサ (2010-07-15 02:54) 

mig

こんばんはー。いつもTBありがとです。
これはノレませんでしたぁ。
by mig (2010-07-16 23:57) 

バラサ☆バラサ

>migさん
ノレませんでしたか。
「アメリカン・パイ」が好きな私には満足でしたよ。

これでアメリカのコメディがうけて、アダム・サンドラーも劇場公開されればいいのですが。
劇場内は思ったよりは客がいました。とは言え、50人くらいですけど・・・
by バラサ☆バラサ (2010-07-17 15:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。