So-net無料ブログ作成

ディセント2 [外国映画☆★]

2010年7月8日(木) 18:20~ 三軒茶屋中央劇場
料金:1300円 パンフレット:非売


ディセント2 [DVD]

ディセント2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



『ディセント2』公式サイト

六人だったかの女同士で洞窟探検に行ったら、地下に巣くう人間もどきに襲われ、どんどん餌になり、必死に戦うも残りは二人。主人公は、亭主を寝取った女を刺し、もどきの餌にして、その隙に血みどろになりながら脱出成功(だと思っていたが、していなかった?)。というのが、一作目。人間関係も色々あり、適度なグロと緊迫感で、なかなかのホラー映画だった。

何と二作目は、洞窟の二日間の記憶がなくなった主人公が、療養中に係わらず、行方不明(扱い)の五人を捜索する部隊に合流させられ、すぐに地下世界に戻る。という、時間軸的に、「レック」と同じ、間髪を置かずに二作目に突入というやつだ。そして、「レック」と同じで作らないほうが良かった。

お亡くなりになっていたと思った亭主寝取り女は、アマゾネスみたいになって生き延びていた。物凄い戦闘能力だ。アクションかよ。でも、その能力は最後までは続かない。いや、最初に披露されるだけだ。
主人公と保安官補佐の姉ちゃん、もどきに追いかけられ逃げ込んだ汚水の溜まっている場所。何の汚水場かと思えば、もどきの厠だった。もどきのブリブリ・シーンが出てくる。コメディかよ。匂いでは気付かなかったらしい。もどきのアレは臭くないようだ。
最後のとって付けたようなホラー特有のバッドエンド。しかし、どうにもあの行為の説明ができない。「ヒルズ・ハブ・アイズ」みたいに血縁関係があるのか。

方向性、スタイルに一貫性の無い、単なる汚いグロ・アクション・ホラーだった。

ただ、保安官の転落シーンは、爽快感がある。

お勧め度:☆★ 汚物度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★








↓なかなかイケル一作目

THE DESCENT [DVD]

THE DESCENT [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD


↓なんら関係は無い。相当に酷いらしい。

ディセントX [DVD]

ディセントX [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD


↓これも関係は無い。こちらは、結構評判がいい。

ディセントZ -地底からの侵略者- [DVD]

ディセントZ -地底からの侵略者- [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD



映画データ
英題: THE DESCENT:PART 2
製作年: 2009年
製作国: イギリス
日本公開: 2009年11月7日
上映時間: 1時間35分
配給: 角川映画 /アンプラグド
カラー/ドルビーデジタル/R-15

スタッフ
監督: ジョン・ハリス
エグゼクティブプロデューサー: ニール・マーシャル
プロデューサー: クリスチャン・コルソン
脚本: J・ブレイクソン / ジェームズ・マッカーシー / ジェームズ・ワトキンス
音楽: デヴィッド・ジュリアン
美術監督: サイモン・ボウルズ
撮影監督: サム・マッカーディ
特殊メーク効果: ポール・ハイアット

キャスト
シャウナ・マクドナルド
ナタリー・メンドーサ
クリステン・カミングス
ギャヴァン・オハーリヒー
ジョシュア・ダラス
アンナ・スケラーン
ダグラス・ホッジ



タグ:ホラー
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。