So-net無料ブログ作成

花のあと [日本映画☆☆☆]

2010年6月27日(日) 16:50~ キネカ大森3
料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:売り切れ

『花のあと』公式サイト

例によって藤沢周平原作の時代劇。
いつもの藤沢周平映画のような雰囲気で、雪が積もる地方、気のいい人間や清廉潔白な人間が出ていて、腹黒い奴がいる。で、最後は成敗。藤沢周平の小説は読んだことがないのだけどさ。

そう言えば、近々藤沢周平原作「必死剣鳥刺し」という映画があるが、前売りのおまけが「必死剣耳掻き」。予告で登場した時は、かなり場内が騒然とした。

話を「花のあと」に戻すと、本作で剣を振るって活躍するのは、男の侍ではない。
北川景子演じる武家のオヤジの娘が主役。武家のオヤジは、自衛隊の高官役からシフトし、年頃の娘を持つオヤジ役が似合うようになった國村のおっさんだ。國村のおっさんの指導で、たいていの男は破ってしまう剣の力量になった北川景子であるが、おっさんはその腕を披露しない。

豪快な性格であるらしく好感度が高いような北川景子であるが、俺には今まではノーマークの存在。彼女が出演した作品をいくつか観ているようだが、まったくもって記憶に無い。
であるが、本作では、なかなかの存在感があったかと思う(主に黙っている時、台詞は少々アレだ)。身体能力は、それほど高くないようで、殺陣に関しては残念ながらいまいち。

北川景子の許婚でありながら、彼女が密かに慕っていた人が嵌められたその復讐にいいように利用されるが、飄々と協力をする懐の広い男、一番の儲け役を甲本弟が太った南原みたいな顔で好演。これは、男たるものの理想的な姿だ。昼行灯と言われながらも出世しているし。素晴らしくカッコいい。

お勧め度:☆☆☆ 藤沢周平度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆






↓原作収録

花のあと (文春文庫)

花のあと (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1989/03
  • メディア: 文庫


↓藤沢周平原作の映画

たそがれ清兵衛 [DVD]

たそがれ清兵衛 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD



隠し剣 鬼の爪 特別版 [DVD]

隠し剣 鬼の爪 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



武士の一分 [DVD]

武士の一分 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



蝉しぐれ プレミアム・エディション [DVD]

蝉しぐれ プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2009年
製作国: 日本
日本公開: 2010年3月13日
上映時間: 1時間47分
配給: 東映
カラー

スタッフ
監督: 中西健二
原作: 藤沢周平
脚本: 長谷川康夫 / 飯田健三郎
撮影: 喜久村徳章
音楽: 武部聡志
主題歌: 一青窈

キャスト
北川景子
甲本雅裕
宮尾俊太郎
相築あきこ
佐藤めぐみ
市川亀治郎
伊藤歩
柄本明
國村隼



タグ:時代劇
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 6

rose_chocolat

こんにちはー。
彼女、身体が華奢なのでどうしても殺陣がふらついてしまったように思ったんですよね。
・・・と某所に書いたら熱心なファンが怒ってきました(苦笑) ははは・・
by rose_chocolat (2010-06-28 06:18) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコの日本町で、たそがれ清兵衛を上映するらしいです。

http://www.newpeopleworld.com/films/films-7-2010/#samurai_saga
by サンフランシスコ人 (2010-06-29 02:55) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん
そうですね。凄く華奢でしたね。勝手にもう少しゴツイと思っていたので、ちょっとビックリしました。釈ちゃんなんかは、説得力のある戦闘をしますが、彼女は骨格はしっかりしているかな。

ファンに怒られましたか・・・。

>サンフランシスコ人さん
「隠し剣、鬼の爪」も「武士の一分」も上映しますね。英語タイトルが微妙です・・・。
by バラサ☆バラサ (2010-06-29 19:22) 

HAN

作品ではなく上映劇場に反応してしてしまいました(笑)
まだ独身の頃は大井町に住んでおり、こちらの劇場は良く来ました!
出来たばかりの頃「紅い眼鏡」のエレベーターのシーンはここで撮影されたと知って、見にも行きました(笑)
最後に行ったのは「Zガンダム」かな。。。


by HAN (2010-06-29 21:30) 

non_0101

こんばんは。
この作品、結構気に入ってしまいました(^^ゞ
甲本雅裕さん良かったですね~
最初は主人公と同じように胡散臭いなあと思っていたのですけど
段々いい奴だなあと(^^ゞ
by non_0101 (2010-06-29 23:59) 

バラサ☆バラサ

>HANさん
キネカ大森、その昔、チャウ・シンチー特集とかインド映画特集とか、何故かイギリス映画特集、ダリオ・アルジェント特集、中川信夫特集なんて、アジア系中心にレイトショーの企画が良かったんですけど、最近は、年に1回くらい日本映画の特集をやるだけになっていまいました。普通に東宝の作品の上映となっています。旧作は客が入らないのかなぁ。

>non_0101さん
飯を食っている姿が情けなさすぎましたね。
しかし、ああいう昼行灯と言われる奴は、基本的に好きです。

by バラサ☆バラサ (2010-07-04 03:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。