So-net無料ブログ作成

孤高のメス [日本映画☆☆☆★]

2010年6月20日(日) 20:35~ チネ2
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない)

『孤高のメス』公式サイト

冴えないタイトルの医療小説が原作。タイトルは、アレだし、現役の医者の文章なので、何とも堅苦しいのだが、話はとても面白い。ディテールがしっかりしているので非常に興味深く、手術シーンも専門用語はあるが、イメージ可能で読みやすい。全6巻の長編だが、一気に読める。まあ、1巻は200ページくらいで、「幻魔大戦」くらいの厚さなんだが。

小説の感想の記事

小説の主役の当麻鉄彦の推定年齢が35歳くらいなので、堤真一が演じると聞いたときは、違和感を覚えた。寧ろ不安感しかなかった。
で、まあ、ある程度覚悟して観にいったのだが・・・

日本初の脳死肝移植に挑む完全無欠の人格者である医者の話。(原作)

当麻が、都はるみのファンで、オペ中に歌を流すという謎の設定は兎も角、脚色およびそれに伴うキャラクター設定の変更を巧く行っている。無理に原作に拘らず、要領よく端折り、大胆に変更を加えて、2時間程によく纏めた面白い話になっていた。
原作が好きな作品では、120%不満だらけ(※)だったのだが、今回は異例の高評価だ。※過去で一番許せんのは、「マイ・ボディーガード」とかいう「燃える男」の映画。

「ミッドナイト・イーグル」の監督にしては上出来じゃん。いや、巷で思い切り評判の悪い「ミッドナイト・イーグル」、俺はそれ程嫌いでないんだけどね。そもそも、この監督の直近作「ラブ・ファイト」は好きだし。
あ、でも両作品で共通の主役大沢たかおが、当麻鉄彦を演じていたら、本作の評価はどうなったかわからないけど・・・。

原作と登場人物の違い(読み返した訳で無く記憶だけに頼っているので、微妙に間違っているかも)

堤真一(当麻鉄彦)
主人公。年齢が原作より10歳ほど上。尋常でなく生真面目で馬鹿丁寧な部分が削がれた。原作の当麻は、あまりに人間離れしているもんな。しかし、何故都はるみなんだ。1990年頃40~45くらいの男の聴く音楽か・・・

夏川結衣(中村浪子)
看護士。脳死状態の少年を紹介する役割だった(はずだ)が、本作では重要な役割を与えられている。彼女のナレーションで話が進む。影の主役。当麻への純愛。別れのシーンで「好きになった人」が流れたらどうしようと少しびびって観ていた。

吉沢悠(青木隆三)
若い医師。後述の駄目医野本の部下。映画では野本に嫌気がさして病院を辞める。原作では野本が速攻で追い出されるので、青木は念願の当麻の元で働ける。しかし、病院の事務員に惚れてしまい、その事務員は当麻を好き。そこで、いたたまれなくなって病院を辞める情け無い男。当麻は、かつて在籍した関東の研究施設(?)を紹介するが、映画ではピッツバーグの肝移植の研究所(?)を紹介している。

中越典子(大川翔子)
病院に力を入れていた市長の娘。原作では、当麻とかなりいい仲になるが、映画では見合いをするだけで、何ら進展が無い。これは無関係にして大成功だ。

矢島健一(村上三郎)
病院の事務長。原作では院長の弟、映画では雇われている人物で、しかも悪役にポジション変更。本来の島田三郎さんが可哀想な扱い。

成宮寛貴(中村弘平)
原作には出て来ない(はず)。当麻の話が1990年頃の話なのだが、当時当麻と組んでいた看護士中村浪子の子供。母親が亡くなり荷物を整理している時に、当時の日記を発見。当麻のことを知る。狂言回し。しかし、映画の中では無駄な存在ではない。

平田満(島田光治)
市民病院の院長だが、原作では個人経営の病院の院長。キャラクター設定は、唯一原作通りか。

松重豊(実川剛)
当麻の理解者。大学病院の教授。原作では、野望に燃える助教授で癖のある興味深い人物だったが、松重豊なのでか単なるいい人に成り下がった。日本沈没の豊川悦司がイメージだったのだが。あそこまで尊大でないけど。
原作でも当麻には一目置いていて、ある意味尊敬も嫉妬もしている。

余貴美子(武井静)
脳死の息子の肝臓を提供する母親。行動原理は原作と同一。原作より出番が多い。感動シーンは彼女の担当になっている。どこでも余貴美子は、流石に凄い役者だ。

野本六郎(生瀬勝久)
原作より役柄が一番出世した奴。当麻の赴任先の古株の外科医。当麻が赴任しても病院を追い出せないので、野本の第一外科、当麻の第二外科と二つに分かれた。手抜き、サボり、嘘つきの駄目医者。当然、当麻が担当医の日の評判がいいので、頭に来ている。原作では、1巻で不倫絡みで自ら消えていく不戦敗な奴だが、映画ではより図々しくなって最後まで奮闘する。

柄本明(大川松男)
肝硬変で倒れる市長。設定に大きな変更は無い。

サイトで紹介されていない奴。
役者不明(矢野)
当麻の弟子。原作では、併設されたホスピスの看護士に惚れるエピソードがあった。たいした話じゃなかったのだが無理やり入れられた感。目立たないので作者の同情を買ったのか。
原作でも印象が薄いように、映画ではより一層目立たない。

原作で活躍していたのだが、映画では登場なしの人々。
実川のボス(中央進出を狙う野望の塊の大学病院の教授。財前みたいな奴?)
保険の利かない痔専門病院の院長
スクープを狙う医療新聞記者
野本の子飼いの使えない医者
台湾の名医
当麻に惚れる事務員
無理に出さないのは映画としては正しい選択。しかし、小説では面白いキャラなんで外しがたいものもある。

舞台は琵琶湖周辺だったのが千葉になっているようだ。意図は不明。ロケ地の問題か?

ちなみに当麻は腕がいいのでメスを振るっても血もあまり出ず、何と手術シーンの内臓も気色悪く感じ無い。

お勧め度:☆☆☆★ 脚色度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★





孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 大鐘 稔彦
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫


↓続編のようだ。去年の秋に出版されているのに増刷無し!どういうことだ!?

孤高のメス―神の手にはあらず〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

孤高のメス―神の手にはあらず〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 大鐘 稔彦
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 文庫



↓いつも言っていますが、医者関連フィクションの最高傑作。貸した本は、又貸しの又貸しで行方不明。それでもそいつを怒らなかった。多くの人に読んでもらえるなら。

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 文庫


JAZZ WITH KAZZ小林和仁氏も、手塚先生の最高傑作との評価。
きりひと讃歌(1) 楽天ダウンロード


タグ:人間ドラマ
nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 4

sakurai

先日、ブック・オ○にて、3巻から6巻まで購入いたしました。
1と2がまだ手に入らないという、なんとも仕様がない展開で、いまさら定価で買いたくもないので、もう2,3軒回って探します。
早く読みたいのですが、別のつんどく本もいっぱいあって、いつになるやら。
結構、堤もよかったのでは!
SABU監督の常連の頃は、やたら走ってるイメージだったのですが、腰すえた役柄が、似合うようになって来ましたね。
by sakurai (2010-06-23 14:46) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

薄い本で、以外に波乱万丈なので、読み始めると終わるのは早いと思います。

原作のキャラとかなり違いますが、堤はミスキャストでありませんでした。あの映画の世界観に合っていましたね。

そう言えば、SABUの映画で、二日酔いで記憶の無いサラリーマンを演じましたっけ。(SABUの映画って、これと「アンラッキー・モンキー」しか観ていません。)


by バラサ☆バラサ (2010-06-24 00:58) 

non_0101

こんばんは。
地味な印象でしたけど、見応えのある作品でした。
原作が良さそうですよね~
気になっているのですけど、まだ手が出せません。
いつか原作にもチャレンジしてみたいです☆
by non_0101 (2010-06-30 00:41) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

原作はお勧めです。
当麻は完全無欠の高潔な男なんで、人間としての面白みはありませんが、脇のキャラクターが良く出来ています。

一巻は短いし、手術描写もたいしたことないし、楽に読めますよ。

by バラサ☆バラサ (2010-07-04 03:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。