So-net無料ブログ作成

告白 [日本映画☆☆☆]

2010年6月14日(月) 21:50~ TOHOシネマズ日劇3
料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない)

『告白』公式サイト

中学校が舞台。
松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。
原作は本屋大賞受賞。例によって読んでいない。

恐ろしい子供たちが、酷いことをしまくるのでか、映画はR15認定だ。14歳の娘(水月役)が出演しているのだけど。

その恐ろしい子供たちの演技力も、藤原竜也のように微妙に過剰なところもあるが、なかなかの力量なので、キャラクター設定を登場人物それぞれにしっかりつけた監督の力量と相まって、不快で嫌な話ながら、引き込まれるものがある。

目がくらむ色づかいのイメージのある中島哲也監督だが、こんな映画も撮るのだな。たいしたもんだ。
音楽の使い方は、いかにも中島哲也だったけど。

岡田将生の成長ぶりに驚嘆。うざい教師を熱演。女生徒に告発されて、落ち込んでいるさまを見たかった。
松たか子、元来無視していた女優だが、「ヴィヨンの妻」でいけると思い、本作では素晴らしいと評価が確定。1時間30分くらい教室で独演するのかと思ったぜ。それぐらいの圧倒的な勢い。

VFXシーンは、別にいらなかったかも。そもそも、研究室に爆弾置いてきてないだろう?

お勧め度:☆☆☆ ウェルテル空回り度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★




↓原作

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 文庫


↓コミカライズ

コミック版 告白

コミック版 告白

  • 作者: 木村 まるみ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2010/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


↓INUの町田町蔵の同名小説。Amazonの評価がとても高い!

告白 (中公文庫)

告白 (中公文庫)

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫


ちなみに町田町蔵の歌

イイッー!

↓ウェルテルの由来。小学生のときに読んだような気がする。

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

  • 作者: ゲーテ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/02
  • メディア: 文庫


↓これは、間違いなく小学生のときに読んだ。とても感動したよ。

友情 (新潮文庫)

友情 (新潮文庫)

  • 作者: 武者小路 実篤
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1947/12
  • メディア: 文庫



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年6月5日
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督・脚本: 中島哲也
原作: 湊かなえ
撮影: 阿藤正一 / 尾澤篤史
照明: 高倉進
録音: 矢野正人
美術: 桑島十和子
編集: 小池義幸

キャスト
松たか子
岡田将生
木村佳乃



タグ:ミステリー
nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(41) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 10

ジジョ

松たか子が1時間30分しゃべってる、、っていう映画でも
観ちゃったかも、、て思うぐらい引き込まれました。
こんなに集中して人の話を聞いたのはオバマの演説以来です^^;
by ジジョ (2010-06-16 01:00) 

亮

惹きこまれました。
いやぁ、個人的には、非常に興味深い映画でしたよ。
復讐映画とは思えない展開に、驚きました。
by (2010-06-16 06:02) 

バラサ☆バラサ

>ジジョさん
1時間30分演説されても平気でしたね。
松たか子のこと、侮ってました。

>亮さん
色々な人間の告白だったんですね。飽きさせませんでした。

by バラサ☆バラサ (2010-06-18 01:51) 

sakurai

ウェルテルがお見事でしたねえ。
中島監督の徹底度と、演技指導は半端じゃないですから、だいぶしごかれたとは思いますが。
土屋アンナじゃ、あのせりふを覚えるのは無理!という話を聞いて、さもありなん・・・と思いました。
松さん、「K-20」のまた全然違う素晴らしい演技もありますよ。
by sakurai (2010-06-18 07:45) 

non_0101

こんにちは。
凄い作品でしたね。原作を読んでいても引き込まれました~
やっぱり松たか子さんの存在感が圧倒的でした。
教室のシーンは、あんなに静かに話しているのに怖さを感じました。
そしてラストシーンには… ノックアウトされました☆
by non_0101 (2010-06-18 20:06) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
そう言えば、中谷美紀は中島監督に絞られたという話がありましたね。ウェルテルも相当絞られたんですかね。
「K-20」って、怪人20面相ですか。観たのですが、記憶がありません・・・。令嬢役だったか・・・

>non_0101さん
同じ視線に立たない教師ですからね。坦々と冷静に喋っていましたね。
「なーんてね。」も良かったですよ。
by バラサ☆バラサ (2010-06-20 06:41) 

キキ

こんにちは。
あまりに暗い復讐劇、しかも教師対中学生という設定に
面白いと言っていいのか悩みますが面白かったです。
この間まで中高校生役やってた岡田君が
ウサイ教師を好演してたのが印象的。
原作も読みたいですね。
by キキ (2010-06-20 12:21) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

「天然コケッコー」の爽やかな中学生だったんですよね。
市原のように熱血バカ専門でなく、春といい芸域が広いです。
別に、市原をバカにしている訳ではありません。若い頃は、繊細な役も演じていたのですが、皆の期待が許さないのか、役柄が固定している感が。
by バラサ☆バラサ (2010-06-22 04:41) 

Yakoha

こんにちは。
> ウェルテル空回り度:☆☆☆☆
・・・このフレーズ最高。(笑;)
by Yakoha (2010-06-27 22:31) 

バラサ☆バラサ

>Yakohaさん

お褒めいただきありがとうございます。

あの手の奴は、たまに団体を問わず現れたりして、閉口するときがありますね。
by バラサ☆バラサ (2010-06-28 00:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 41

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。