So-net無料ブログ作成

ローラーガールズ・ダイアリー [外国映画☆☆☆]

2010年6月6日(日) 15:50~ TOHOシネマズ シャンテ2
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認

『ローラーガールズ・ダイアリー』公式サイト

「息もできない」で心身ともにグッタリした後は、安心のハッピーエンドが保障されているスポーツ系映画。

親のいいなりで、田舎のミスコンに出続ける女子高校生ブリス。
ある日ローラーゲームを見たブリスは、何か惹かれるものを覚え、年齢を偽って入団テストを受験、ずば抜けたスピードから入団となった。
親には内緒でプレイし続け、新人王になるほど活躍するのだが・・・。

極めて予想通りに話が進む、期待通りの作品。決して期待以上ではないけれど。

ローラーゲームは、1970年初頭に流行っていたもので、東京ボンバーズとアメリカチームの戦いを東京12チャンネルで放映。当時の子供には大ブームだった。30分ハーフだが、30分は15分女、15分男のそれぞれのチーム戦だったはず。あれ、最後は男女ミックスだったかな?
本作は、男チームは出てこない。

ルールに関して書く。チーム5人がグルグルとリンクを走り回る。走り回るのにゲームがあり、ジャマーと呼ばれる走者が、対向するチームから1名づつ選出。各チーム4人が守備陣として、ジャマーの前をすべり、ジャマーはそれを抜かなくてはならない。肘打ちなどブロックすることが可能で、ジャマーや相手の守備陣の妨害が可能。ジャマーは一度、守備陣を抜いてから、2週目に相手チームの選手を抜くと一人につき一点。ジャマーが腰に手を当てると、そのゲームは終了。相手チームのジャマーより先に守備陣を抜き、腰に手を当てることだ。

判り辛いと思うが、映画では、入団試験でコーチが絵に描いて教えてくれる。
ただ、手を腰に当てるとゲーム終了は、映画で説明が無かった気がする。映画では、忠実に再現されていたけど。

日本での放送は、東京ボンバーズが正義で、LAサンダーバーズ(だったか)が悪役だった。どこのスタジアムのロケだったか判らない。日本ではないことは確か。当時の東京12チャンネルは、そんな番組制作できないもの。どこか日系人が多く住む地域だったのだろう。アメリカ本土の放送内容は知らない。ボンバーズが悪役だったんだろうけど。

10中8,9ボンバーズが最後に大逆転。八百長とわかっていても面白かった。ワックスでつるつるにした廊下で、ローラーゲームごっこをやったものよ。

映画の試合のシーンであるが、引いた映像が少ないので、ゴチャゴチャして少し判りにくいかもしれない。
どこまで本人が滑っているか知らないけど、技術を誤魔化すために、近くの映像にしているのかなと思ったりした。とは言え、かなりのスケーティングだと思う。ドリュー・バリモアも含めて。

そのドリュー・バリモアの初監督作品。彼女のイメージ通り。脇役でも期待通りの活躍。まずまずの出来栄え。
2作目は、「オズの魔法使い」の続編との説。

お勧め度:☆☆☆ 八百長度:☆☆ 俺度:☆☆☆




関連する報道

昔のローラーゲームは、映画には直接関係ないようだ。そもそも名称が違うし。



昔から本当の名称はローラーゲームでなく、ローラーダービーだった。
最近になって、昼間働いている女性たちの夜のスポーツとして人気になったようだ。それが映画の元ネタ。


ラクエルさんのローラーゲーム映画、「カンサスシティの爆弾娘」

映画データ
英題: WHIP IT
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年5月22日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間: 1時間52分
配給: ギャガ
カラー/シネスコ/ドルビーSR、ドルビーデジタル

スタッフ
監督・製作: ドリュー・バリモア
製作: バリー・メンデル
製作総指揮: ピーター・ダグラス / ナンシー・ジュヴォネン / キルステン・スミス / ネイサン・カヘイン / ジョー・ドレイク / クリス・ミラー
原作・脚本: ショーナ・クロス

キャスト
エレン・ペイジ
マーシャ・ゲイ・ハーデン
クリステン・ウィグ
ドリュー・バリモア
ジュリエット・ルイス
ジミー・ファロン
ダニエル・スターン

原題のWhipは、ジャマーを加速させる技、ホイップと思われる。
何のことは無い、手を引っ張り、勢いをつけるだけだ。腕でなく足でやるとレッグホイップ。映画でも出てきた。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 4

ジジョ

「息もできない」からのハシゴですか!それはすごい☆
>手を腰に当てるとゲーム終了
それは知らなかった〜。映画で説明なかったかも。
by ジジョ (2010-06-07 03:22) 

バラサ☆バラサ

>ジジョさん

説明はありませんでした。でも、ゲームで使ってました。

ドリュー・バリモアが、敵に復讐しないで、抜いてから腰に手をやって、得点を奪い取っていました。得点を優先したというやつです。
by バラサ☆バラサ (2010-06-07 03:58) 

non_0101

こんばんは。
本当にドリュー・バリモアのイメージ通りのハッピーな作品でしたね~☆
可愛くて楽しかったです(^^)
スケーティングも頑張ってましたね。
本当にゲームを観ているように、楽しい雰囲気が伝わってきました(^^ゞ
by non_0101 (2010-06-12 23:25) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ドリュー・バリモアは、ウェディング・シンガーで復活した頃から、期待通りの仕事をしますね。(除く、チャーリーズ・エンジェル)

by バラサ☆バラサ (2010-06-13 17:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。