So-net無料ブログ作成

キートンの蒸気船 [外国映画☆☆☆]

2010年6月5日(土) 13:20~ シネマヴェーラ渋谷
料金:1000円(会員料金)


キートンの蒸気船 新訳版 [DVD]

キートンの蒸気船 新訳版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 有限会社フォワード
  • メディア: DVD



「キートン、チャップリン、ローレル&ハーディ等の名作コメディから、『寵姫ズムルン』『カリガリ博士』『吸血鬼』などの歴史的名作まで、サイレント映画の魅力全開の小特集!『吸血鬼』を除く作品は16mmフィルムでの上映となります。また、『海底王キートン』『キートンの探偵学入門』『キートンのカレッジ・ライフ』『猫とカナリア』『キートンの蒸気船』『吸血鬼』の6作品以外は日本語字幕なし(英語字幕)での上映となります。」。シネマヴェーラの「映画史上の名作番外編 サイレント小特集」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
久しぶりにミシシッピーの父親の元へ帰ったキートン。そこで再会した幼馴染のメアリーは、実は父親の仕事敵の娘で…。ラストの有名なハリケーン・シーンでは、倒れてくる壁の下敷きになったり、さした傘ごと宙を舞ったりと、超人的なパフォーマンスをスタントなしでやってのけたキートンには、ただただ圧倒されるのみ!キートンの絶頂期を代表する一本。
<引用終り>

ジャッキー・チェンはキートンの模倣であることが良く判った。本人も影響を受けたと言っていることであるが。
今回の上映で、「セブンチャンス」がないのは残念。

お勧め度:☆☆☆ スタント度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆



映画のハイライトシーン

1分くらいからキートン登場。

スタントの数々



バスター・キートン自伝―わが素晴らしきドタバタ喜劇の世界 (リュミエール叢書)

バスター・キートン自伝―わが素晴らしきドタバタ喜劇の世界 (リュミエール叢書)

  • 作者: バスター キートン
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

デイヴィッド・ギルモア

こんばんは。トラバ・エコーありがとうございました。
へえ~、キートン映画がリバイバル上映されたのですか。
さすが、東京ですね。奈良県の田舎に住んでるぼくにとっては、、うらやましい限りです。
キートンのあの無表情で演技するのは、相当面白く笑わせてくれます。
それでは、またよろしくです。
by デイヴィッド・ギルモア (2011-06-27 22:48) 

バラサ☆バラサ

>デイヴィッド・ギルモアさん

リバイバルというか名画座での日替わり特集上映の一環です。フィルムじゃなくてDVD上映のことも多いです。それでも、比較的大きいスクリーンに映るのはいいことです。

7月には、「セブンチャンス」と「ロイドの人気者」なるものが上映されるので楽しみです。


by バラサ☆バラサ (2011-06-29 22:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。