So-net無料ブログ作成

武士道シックスティーン [日本映画☆☆☆]

2010年5月21日(金) 19:00~ テアトル新宿
料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない)

『武士道シックスティーン』公式サイト

ガーリー小説が得意の誉田哲也原作。誉田哲也の本は、「疾風ガール」しか読んでいないので、こちらは未読。「武士道セブンティーン」「武士道エイティーン」と続いている。

成海璃子が、剣道道場師範の娘のエリート剣道女剣士磯山。愛読書が「五輪書」だ。
一方、特に強くなりたくもない剣道部員西荻が北乃きい。

独特の足捌きと間合いがあるのか、中学校の大会で、西荻が磯山に勝ってしまう。負けず嫌いの磯山は、西荻の通う中高一貫性女子校に高校から入学してくる。

で、友情物の話だ。

どんなになってしまうのか心配させられた璃子ちゃんであるが、少しばかり頬の肉は落ち、「神童」などで得意の変わった天才肌のとっつき難い役。いつも眉間に皺を寄せている。
きいちゃんは、キャラクターイメージのような、おおらかな性格の役。ほとんど、へらへらしている。

それなりに面白い作品であるが、主演の二人が違う人間だったら、意外とありきたりの凡庸な作品だったかもしれない。

特に最後に関しては、インターハイとその一年後の大会で再開が蛇足な感があり、どうにもしっくりこなかった。インターハイ前のシーン、彼女らにとっての巌流島で、3本勝負1対1の3本目に竹刀がぶつかり合って終わらせても良かったと思う。

気になったので、原作を流し読みしてみたら、結構脚色はされているようだ。
ただし、西荻が福岡に引っ越した後、どこかの大会で再開する場面があるのは同じだった。

いずれにせよ、主演の二人は魅力的だったので、ファンの俺には満足なものであった。
後、主将がきつい女で素敵。

高校の体育で、何故か剣道を毎年、冬にやらされた。よりによって180センチ以上の大将と組む羽目に。馬鹿にするように籠手ばかり打ってくる。痛いのなんの。そして、当然ボロイ防具を使いまわしするのだが、面はぴちゃっとするし、籠手もヌルヌルし、外すと手が尋常じゃなく臭い。何度洗っても匂いが取れない。次の日まで取れない。
本作で、そんな臭いものを使っていたとは思えないが、その辛さを思い出すと、よく頑張ったなと彼女たちの頭を撫でて褒めてやりたい。

監督は、少年少女の作品ばかり撮る古厩智之。高専のロボット部を描く「ロボコン」しか観ていないが、人気者になる前の長澤まさみが出ていて、結構、面白かったぞ。まさみちゃんの唄う夢先案内人が素晴らしい。

お勧め度:☆☆☆ 巌流島度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆





武士道シックスティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 文庫



武士道セブンティーン

武士道セブンティーン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



武士道エイティーン

武士道エイティーン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



五輪書 (岩波文庫)

五輪書 (岩波文庫)

  • 作者: 宮本 武蔵
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1985/02
  • メディア: 文庫


↓漫画は2種類。ほほ同時期に月刊アフタンヌーンと

武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)

武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 安藤 慈朗
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/11/20
  • メディア: コミック


↓デラックスマーガレットで連載されたそうな。

武士道シックスティーン 1 (マーガレットコミックス)

武士道シックスティーン 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 尾崎 あきら
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: コミック


↓監督の作品。まさみちゃんだけでなく、小栗旬や塚本高史も出ていたとのこと。知らなかったよ。まあ、興味のないことだけど。

ロボコン [DVD]

ロボコン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


↓この傑作小説のドラマの監督もしているのか。

神様からひと言 [DVD]

神様からひと言 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年4月24日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間: 1時間49分
配給: ゴー・シネマ
カラー

スタッフ
監督・脚本: 古厩智之
原作: 誉田哲也
脚本: 大野敏哉

キャスト
成海璃子
北乃きい
石黒英雄
荒井萌
山下リオ
高木古都
賀来賢人
波瑠
古村比呂
堀部圭亮
小木茂光
板尾創路

関連記事
原作者の小説
疾風ガール
成海璃子出演
あしたの私のつくり方
きみにしか聞こえない
罪とか罰とか
山形スクリーム
神童
北乃きい出演
幸福な食卓
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
ラブファイト 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(17) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。