So-net無料ブログ作成

プレシャス [外国映画☆☆☆]

2010年5月15日(土) 17:20~ TOHOシネマズ シャンテ1
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認

『プレシャス』公式サイト

生活保護の金だけをあてにしている駄目な母親と暮らしている黒人のデブ少女。
何と父親の子供を孕んでしまい、高校を退学になる。その子供は第二子で、ダウン症の長女がいた。長女は、祖母が育てていて、ソーシャルワーカーの面談の日だけ、連れてこられる。
悲惨を絵に描いたような娘だが、高校の校長が教えてくれたフリースクールでの教師との出会いから、変わり始めてくる。

しまいにはHIV陽性となってしまうといった、まるで携帯小説のような悲惨の何重連コンボだ。

と言え、あまり物凄く悲惨に見えなかったのは、だんだんと変わって行き、前を向いて進んでいこうとするデブの姿が引き付けるからか。

受け狙いとしか思えない「ダンサー・イン・ザ・ダーク」状態なシーンも、悲惨な物語を和らげる。

マライヤ・キャリーの肉が、デブ少女に転移したようで、誰かわからない地味女状態で出演。オーラがまったく無い!と言うことは、役者として、かなり力量があがったということか。
レニー・クラヴィッツも、また誰かわからない状態。そもそも、こいつのことは、あまり知らないんだけど。

お勧め度:☆☆☆ 妄想度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆






↓原作

プレシャス (河出文庫)

プレシャス (河出文庫)

  • 作者: サファイア
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2010/04/10
  • メディア: 文庫



映画データ
英題: PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年4月24日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間: 1時間49分
配給: ファントム・フィルム
カラー/ビスタサイズ

スタッフ
監督・製作・脚本: リー・ダニエルズ
製作: サラ・シーゲル=マグネス / ゲイリー・マグネス
原作: サファイア
製作総指揮: オプラ・ウィンフリー / タイラー・ペリー / リサ・コルテス / トム・ヘラー

キャスト
ガボレイ・シディベ
モニーク
ポーラ・パットン
マライア・キャリー
レニー・クラヴィッツ



タグ:人間ドラマ
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(20) 

nice! 5

コメント 4

non_0101

こんばんは。
プレシャスのあまりにも悲惨な状況は本当にショックでした~
あまりにも悲惨なので“「ダンサー・イン・ザ・ダーク」状態なシーン”に
ほっとしてしまいました(^^ゞ
前向きになろうとする主人公の強さにはやっぱり感動でした☆
by non_0101 (2010-05-18 22:19) 

バラサ☆バラサ

>non01_01さん

読み書きはできなくとも、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の主人公と異なり、頭が悪い訳でないからでしょうか、最後は悲惨でなくて良かったです。

by バラサ☆バラサ (2010-05-19 00:21) 

ジジョ

プレシャスは、前向きな子でしたね〜。
食い逃げの大胆さ!とか、結構笑いましたw
なんだか妙に可愛かったし♪
by ジジョ (2010-05-19 01:37) 

バラサ☆バラサ

>ジジョさん

食い逃げは、知恵が働いていましたね。
元来頭のいい奴であると思います。

妄想のシーンは、笑い声を何度か堪えました。

by バラサ☆バラサ (2010-05-19 02:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。