So-net無料ブログ作成

エスター [外国映画☆☆☆★]

2010年5月11日(火) 17:35~ 新橋文化劇場
料金:900円

『エスター』公式サイト

去年の課題作。公開翌日から鑑賞券が販売されていない状態だった。1800円を払いたくないと躊躇しているうちに、午前中だけの上映とかになり、結局見逃した。

引き取られた孤児が、悪辣なことをする。
異常に知力があり、狡猾なので、こんな子供いるのかいなと思ったら、予想通りだった。
ま、俺にも当たるように、わかりやすい伏線がある訳だが、これが見事に当たったからと言って、面白さに影響はしない。当たったところで、嬉しくも残念でもない。兎に角面白い。サイコな映画としては、王道を踏まえた屈指の名作ではないか。最後の展開も、正しいスタイルである。

エスター役の娘の演技力が異常に優れているので、実年齢は結構上かと思いもしたが、当時12歳だったようだ。恐るべし娘。(役の上では、9歳なので、実年齢より小さくは見えるけど。)

ダニエル君は、エスターより一歳年上(実年齢、役柄でも義理の兄)なのに、脅されて失禁してしまった。哀れな。この少年、その後準主役、主役を演じている。失禁の演技が評価されたようで、良かったな。(?)

末娘のマックスが可愛くてたまらん。聴覚障害の役なのだが、実際本人も難聴だそうだ。表情での演技が素晴らしい。

母親役は、綺麗じゃねーなぁと思ったら、「マイレージ、マイライフ」での兄貴の相手役だった。気が付かなかったよ。でも、あっちより役柄は合っている。適度に抑えた熱演。

唯一、欠点をあげるとすれば、学校で馬鹿にされた隣人の娘に復讐するのは、あまりに大人気ない行為なので、別のエピソードにしたほうが良かったかと思う。

お勧め度:☆☆☆★ サイコ女度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆☆







エスター役イザベル・ファーマンのインタビュー。年相応の普通の少女に見える。

IMDbの「エスター」の記事で、何故か以下がリコメンド。

サスペリア PART2 / 紅い深淵 完全版+公開版 [DVD]

サスペリア PART2 / 紅い深淵 完全版+公開版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD



フリーウェイ [DVD]

フリーウェイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



バベル スタンダードエディション [DVD]

バベル スタンダードエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD



ポイント・ブランク [DVD]

ポイント・ブランク [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


まったく関連性が不明だが、日本未公開、未ソフト化のこれもリコメンド

「呪怨」系のコケオドシホラーのようで楽しそうだ。
Yesasiaに日本語字幕付き香港版を発見。しかし、リージョン3・・・。

最初に観たサイコな映画はこれ。

危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD



日本の傑作サイコと言えば、

リカ (幻冬社文庫)

リカ (幻冬社文庫)

  • 作者: 五十嵐 貴久
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫



黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 文庫



座敷女 (KCデラックス (412))

座敷女 (KCデラックス (412))

  • 作者: 望月 峯太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/07/02
  • メディア: コミック


座敷女、映画化熱望。

映画データ
英題: ORPHAN
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年10月10日
上映時間: 2時間3分
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー

スタッフ
監督: ジャウム・コレット=セラ
脚本: デヴィッド・レスリー・ジョンソン
原案: アレックス・メイス
製作: ジョエル・シルヴァー / スーザン・ダウニー / ジェニファー・デイヴィソン・キローラン / エリック・オルセン
製作総指揮: ドン・カーモディ / スティーヴ・リチャーズ

キャスト
ヴェラ・ファーミガ
ピーター・サースガード
イザベル・ファーマン
CCH・パウンダー
ジミー・ベネット



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 4

てくてく

こんばんは^^
怖かったです~。
面白かったです~。
子役の演技が素晴しかったです。
あの演技力が無いと成り立たない作品ですね^^
by てくてく (2010-05-12 23:30) 

バラサ☆バラサ

>てくてくさん

類稀なる傑作だと思っています。
それも、あの子役3人の力量が多大な貢献をしていますね。
骨折させられたいじめっ子の怯えた様も良かったですね。
by バラサ☆バラサ (2010-05-13 01:11) 

由香

こんにちは~♪

観ているが苦痛になってしまいましたが、
>こんな子供いるのかいなと思ったら、予想通りだった。
このコメントが気になる、、、
エスターは子どもじゃなかった、とか。
by 由香 (2010-07-06 11:44) 

バラサ☆バラサ

>由香さん

二度とご覧にならないでしょうから。
ネタバレ。










その通りです!

サイコな大人の人です。30歳だったか。
何度目かの事件です。
病院を脱走し、子供のふりして孤児院に潜り込む。養父を養母から略奪しようとするが失敗。すると、一家を・・・・(自主規制)



by バラサ☆バラサ (2010-07-07 04:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。