So-net無料ブログ作成

猛鬼食人胎 The Demon's Baby [亜州映画☆]

2010年5月5日(水) DVD

猛鬼食人胎

これも香港の格安サイトbuyoyo.comで1000円以下で購入。Region All、字幕は英語。
日本でのソフトは見当たらなかった。

冒頭怪しい映像とナレーションが入る。「5体の悪魔が存在する。妊婦から、この世に復活する能力を持つ。高層が5つの壷にそれぞれを封印し、正面に黄金の仏像を添えて、この世に出てこれないようにし、地下に埋めた。」
将軍が、部下を使って、その仏像や壷を掘りあえてて、家に持ち帰る。帰る途中も、家に設置してからも、偶然、仏像が封印壷の正面にくる形になり、何も問題は起こっていない。
この将軍、家に3人も妻がいる。新しくもう一人迎えて4人になる。その宴の料理を説明する屋敷の料理人。こいつが主人公らしい。ジミー先生みたいに貧相な顔をしている奴だ。
ちなみに将軍は、「南洋十大邪術」のタートルヘッドになったおっちゃんと同じ顔をしている。同じ顔もあたりまえで、同一人物だった。彼の名前は、徐錦江チョイ・ガムコン(Elvis Tsui)。その怪異な容姿を生かしてか、三級片やらチャウ・シンチーやら、やたらと沢山出演している。
将軍の使用人筆頭が夫人の何番目かと浮気をするが、婦人の使用人に見られ、つい殺してしまう。
翌日、料理人と彼女が釣りをしていると、その死体が流れてくる。「誤って川に落ちて死んだのだ。」との使用人筆頭の意見で、「もみ消しておけ」と将軍。死体を死体置き場みたいなところに運ぶ料理人と友人。死体置き場に運んだら、キョンシーになってしまった。慌てふためくところ導士登場で、助けてくれる。何と導士は、怪人アンソニー・ウォンだ。
さて、将軍の使用人筆頭が、黄金の仏像を偽物と変えて持ち帰ってしまう。夜な夜な将軍のイベントがあるのだが、いつもイヤラシイ顔だががより一層将軍の顔つきが変だ。将軍に悪魔が憑依し、イベントで順番に将軍の妻4人の腹に、悪魔が潜りこんでいったようだ。
最後の一体はというと、主人公らしい料理人の彼女。屋敷の第4夫人に仕える使用人だったが、何の誤解かで第2夫人の怒りを買い、百叩きの挙句放逐されてしまった。屋敷には内緒で、料理を彼女に運ぶ料理人。結婚の約束を交わし、とりあえず屋敷に戻るという。その時、料理人に悪魔が憑依し、彼女を押し倒す。
4人の夫人の腹も大きくなると、いきなり腹が縦に割れ、悪魔の胎児が歯をむき出しで登場。まだ成長していないのか、外には出られないらしい。腹の中に使用人の頭を入れ、胎児に貪り食わせ始める。
高僧を呼んできたが、一撃で粉砕される始末。
アンソニー・ウォンなら助けてくれると友達に呼びに行かせる料理人、さて・・・

と、面白くも何とも無いストーリーの上、まったくもって怖くない。腹が裂けて見える悪魔の胎児の様子も手作り感爆発だ。こんなんで、真面目にホラーをやっているものだから困ってしまう。ゾンビでなくてキョンシーなのは、最初ふざけているのかと思ったが、中国はゾンビ=キョンシーだから、あれも大真面目なシーンなんだろう。

そもそも、物語の半分くらいはチンタラと事件もほとんど起こらず(キョンシー事件くらい)、残りの時間は、ショボイバトルが行われるだけだ。

1998年の作品だが、冗談のような特殊効果は、狙ったものなのだろうか。それにしても、話に笑えるところが何もないし。

製作にバリー・ウォンの名前があるのだが、このおっさんは、この頃にもう終わっていたな。

と、悪口しか書いていないが、個人的には、悪魔の胎児の造型は好きだ。「悪魔の赤ちゃん」みたいなレトロな作り物感がいい。VFXは、CGよりミニチュアや被り物が好きなので。

スカパー!の「MATVムービーアジア」というチャンネルで「デモンズ・ベイビー(猛鬼食人胎)」という名で放送されたことがあるようだ。このチャンネル、とてつもなく魅力的なラインアップが目白押しなんだが。


お勧め度:☆ キョンシー度:☆☆ 俺度:☆☆






↓関連作品

悪魔の赤ちゃん [DVD]

悪魔の赤ちゃん [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



悪魔の赤ちゃん2 & 悪魔の赤ちゃん3/禁断の島 [DVD]

悪魔の赤ちゃん2 & 悪魔の赤ちゃん3/禁断の島 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


ラリー・コーエン先生の傑作。観ていないけど。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。