So-net無料ブログ作成

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [日本映画☆☆★]

2010年5月1日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:700円(買っていない)

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』公式サイト

三池崇史にしては、とっつき易い作品だった「ゼブラーマン」。翔兄貴の情けない中年役が板についていて、お気に入りの作品だった。当然、本作、とても期待して見に行ったのだが・・・

前作から15年後、翔兄貴演じる主人公は、過去の記憶が無い。ということで、まったく異なる作品となっていた。
と言っても、俺自身、前作の話は全く覚えていない。とても面白かった記憶があるのだが。(今、テレビで放映している。)

本作、どことなく「フルメタル極道」の雰囲気がある。
明らかに笑わせようという意図のシーンは控え目で、ぐだらないことを真面目に演じさせている。それはそれで素晴らしいのだが、たまに明らかに狙っているシーンが入る。それが、残念ながら笑えない。最後も含めて。
「フルメタル極道」は、もう少し笑えた。それどころか、うじきのエンジェルガードは爆笑だ。

特殊効果は格段にスケールアップしているが、翔兄貴のキャラクター設定に、いまひとつ魅力が無いので、結果的に期待を超えるものでなかった。まあ、今回の翔兄貴は、分離キャラなので、はっきりした人格がないのかもしれないけど。
役者も、大杉漣や渡辺篤朗など曲者が揃っていたのに、今回はかなり劣る。特殊効果のバジェットがかかり、役者のバジェットが足りなかったか。そもそも、主要登場人物が今回は少ないけれど。しかし、ガダルカナルタカというのは、予算をケチっているとしか思えん。

ということで、日常をベースにしペーソスのあった前作に比較して、全体的に子供騙しな内容になっている。いや、前作は覚えていないのだけど。(まだ、テレビで放映中。)

仲里依紗の格好は、ファンである俺としては、納得のいくものではない。まあ、若くして既に十二分のキャリアがある女優だが、黒い役柄により一層演技の幅が広がったということは、喜ばしいことなのだが。
しかしだ。元来、柔らかい感じの娘なので、深田恭子のドロンジョレベルのメイク、キャラクター設定で良かったと思う。

と、文句ばかり言っているけど、十分面白かったよ。

お勧め度:☆☆★ 白黒つけた度:☆☆ 俺度:☆☆☆★




水木兄貴による劇中テレビドラマ版の主題歌


元祖ゼブラーマンことグレートゼブラ。正体はジャイアント馬場先生。



ゼブラーマン [DVD]

ゼブラーマン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映
  • メディア: DVD







映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年5月1日
配給: 東映
カラー

スタッフ
監督: 三池崇史
プロデューサー: 平野隆
脚本: 宮藤官九郎

キャスト
哀川翔
仲里依紗
阿部力
井上正大


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(26) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 2

non_0101

こんにちは。
前作ともども縁がなさそうな作品なので、バラサ☆バラサさんのブログを読んでなるほど~と思ってます。
> と、文句ばかり言っているけど、十分面白かったよ。
なるほどです☆
by non_0101 (2010-05-02 11:19) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

多分、恐らく、三池作品はご覧にならないほうがいいかと思いますが、ゼブラーマンは、気色の悪い描写はあまりありません。
今回は、白玉子から蘇生する翔兄貴が、「牛頭」の時みたいで、少し気持ち悪いくらいでしょうか。

いずれにせよ、積極的にお勧めはしません。

by バラサ☆バラサ (2010-05-02 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 26

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。