So-net無料ブログ作成

ウルフマン [外国映画☆☆]

2010年5月1日(土) 17:45~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない)

『ウルフマン』公式サイト

古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の作品のリメイクらしい。リック・ベイカーという古い名前でさえ新しく思えるほどだ。何故この時代に、この作品なんだろう。

TOHOシネマズ日劇1がゴールデンウィークに用意されたが、1週で「のだめ」に受け渡し、上映回数も減らされBD、DVDが発売になった「アバター」に埋められている始末。

よっぽど客が入っていないのだろうが、この日の川崎は一日二回だけの上映と、1000円効果からか、ほぼ満席だった。しかし、レイトショーはガラガラと推定。

こう書くと、ほとんど魅力の無い感じだが、それほど酷いものではない。リック・ベイカーの特殊メイクは、今の時代でもいけている。

それにしても、底の浅いドラマで、話に奥行きの欠片もなく、凡庸なアクション・ホラー映画であることは否めない。見世物映画を、現代の技術で忠実にリメイクしたということか。

ジプシーのことを流浪民とか訳しているのに、とても違和感があったんだが、差別用語だからなのか。明らかにジプシーと発音しているのに。

ベネチオ・デルトロがイギリス人のシェイクスピア役者なのは、母親がラテンの設定としても、相当に無理がある。

お勧め度:☆☆ ベネチオ、ラテン系度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆






リック・ベイカーの仕事




狼男アメリカン  リミテッド・エディション 〈2枚組〉 [DVD]

狼男アメリカン リミテッド・エディション 〈2枚組〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD




正確には弟子の仕事。

ハウリング〈デジタルニューマスター版〉 [DVD]

ハウリング〈デジタルニューマスター版〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD





メン・イン・ブラック デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

メン・イン・ブラック デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD





PLANET OF THE APES 猿の惑星 [DVD]

PLANET OF THE APES 猿の惑星 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



映画データ
英題: THE WOLFMAN
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年4月23日
(TOHOシネマズ 日劇 ほか)
配給: 東宝東和
カラー

スタッフ
監督: ジョー・ジョンストン
脚本: アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー / デヴィッド・セルフ
撮影監督: シェリー・ジョンソン
プロダクションデザイン: リック・ハインリクス
衣装デザイン: ミレーナ・カノネロ
編集: ウォルター・マーチ / デニス・ヴァークラー
特殊メイク: リック・ベイカー

キャスト
ベニチオ・デル・トロ
アンソニー・ホプキンス
エミリー・ブラント
ヒューゴ・ウィーヴィング
ジェラルディン・チャップリン



nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 7

non_0101

こんにちは。
“いつの時代かよ”な作品でしたね~
いやでも、私はこれでも十分怖かったので結構満足してしまいました(^^ゞ
デル・トロさんが「狼男」になりたくて創った作品らしいですね。
怖いシーンなのに、きっと本人は楽しかっただろうなあとか思ってしまいました☆
by non_0101 (2010-05-02 11:28) 

ももね

ジプシーのことを流浪民と訳して・・。
あ。全然気づいていませんでした。
勝手にジプシーと脳内変換されていたのかもしれません^^;
その流浪民のヒトたちの役割もよくわかりませんでしたよね。
「命を捨てるカクゴがあるの?」みたいな事を言ってたので
人間に戻る方法でもあるのかと思いました^^;

by ももね (2010-05-02 18:03) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

凄く古い雰囲気の作品でした。
デル・トロが狼男を演じたかったんですか。
デル・トロ、メキシコ人だと思い込んでいたんですが、スペインとイタリアの混血だそうですね。ラテン系は、吸血鬼を演じるべきです。と、勝手な思い込みは、根拠はありません。

>ももねさん

あの魔女みたいな魔法使いみたいなおばさんの一言は、何かあると思いましたよね。何だったんだ。

by バラサ☆バラサ (2010-05-02 23:06) 

てくてく

こんにちは^^
その古臭さが妙に懐かしく、
フラフラ~っと惹きつけられてしまいました(笑)
結構、面白かったです^^
変身シーンは凄かったですよね!
特にロンドンの研究所、聴衆の面前・・・のシーンは
スカッとした気分にもなったりした次第です^^
by てくてく (2010-05-03 10:20) 

バラサ☆バラサ

>てくてくさん

変身シーンは、凄かったです。
でも、変身後が古典的な狼男で、変身で変わった骨格をあまり感じられませんでした・・・(笑)

精神科医への制裁は、スッキリしました。
by バラサ☆バラサ (2010-05-04 03:12) 

由香

こんにちは~♪
古臭い雰囲気が結構好きでした~
だけど、お話がイマイチで、描写不足があったかなぁ~と思います。

変身シーンは見応えがありましたね。
バリバリとした音も結構怖かったです。
by 由香 (2010-05-07 12:40) 

バラサ☆バラサ

>由香さん

話の奥行きがありませんでしたね。
爺さんの行動原理が、まったく判りませんでした。

リック・ベイカーは、まだ第一人者だと認識しました。

by バラサ☆バラサ (2010-05-09 03:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。