So-net無料ブログ作成

オーケストラ! [外国映画☆☆☆☆]

2010年4月18日(日) 20:15~ チネ10
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない)

『オーケストラ!』公式サイト

ブレジネフ書記長の共産ソ連時代のオーケストラ指揮者アンドレ。ブレジネフが楽団からユダヤ人を追放しようとし、それを守るために反乱を起こそうとするが、事前に察知されチャイコフスキーの協奏曲を演奏中に、共産党員にタクトをへし折られ楽団は解体。今は、ボリショイ劇場の清掃員となっている。
劇場支配人の不在中に、パリから公演依頼のファックスが届く、これを奪い取ったアンドレイは、かつての仲間を集めて公園に乗り込もうとする。パリとの交渉役はかつて自分を捉えた共産党員。ソリストにフランスの若い女性バイオリニストを指名する・・・。

とロシア人の話である。旧体制をここまで批判するとは進歩したものだと思ったら、フランス映画だった。
共産党員とかロシアの富豪とか、観ているほうは面白いが、ロシア人だったら怒りそうな描写がある。ロシア映画の訳ないか。偽造パスポートなんて空港で発券しているし。
でも、役者はロシア人が多い。ロシア語喋っているからな。監督は、ルーマニアを亡命したユダヤ系のようだ。

よくあるパターンの音楽映画であるが、ほとんど外れが無く、とても好きなジャンルである。

本作、最初は「コメディかよ。まあ、それもいいか。」と思っていたが、後半からの感動的な盛り上がりは特筆ものだ。
無事公演にこぎ付けたが、リハーサルもしていないので、曲の出だしは最悪。しかし、ソリストの演奏から皆が素晴らしいアンサンブルとなる。このあたりは、複線がよく利いていて、涙さえ流れる。

しかも、「シャッター・アイランド」なんぞ屁のような事実があり、完全にミスリードさせられた。それもとても心地良く感動的だ。

今年の暫定No.1。

クラシックを知らないので、間違っている表現があってもご容赦。

お勧め度:☆☆☆☆ 反共度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆






↓よくあるパターンの名作群

歓びを歌にのせて [DVD]

歓びを歌にのせて [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • メディア: DVD


とても素晴らしいラスト。本編を観たことが無い人は観ないほうがいい。



ブラス! [DVD]

ブラス! [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ
  • メディア: DVD


最後の演奏。ウィリアム・テル序曲



スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD


ダイブ成功で劇場内(日比谷映画)に拍手の渦。



ストリート・オブ・ファイヤー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

ストリート・オブ・ファイヤー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


よくあるパターンとは異なるアクション映画だが、最後のライブのシーンが素晴らしい。ダイアン・レインは吹替えだけど。


↓よくあるパターンだが未見。今後の課題作のひとつ。

春が来れば デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

春が来れば デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



映画データ
英題: LE CONCERT
製作年: 2009年
製作国: フランス
日本公開: 2010年4月17日
(Bunkamuraル・シネマ ほか)
配給: ギャガ
カラー

スタッフ
監督・脚本: ラデュ・ミヘイレアニュ
撮影: ローラン・ダイヤン
音楽: アルマン・アマール

キャスト
アレクセイ・グシュコフ
メラニー・ロラン
フランソワ・ベルレアン
ミュウ=ミュウ


チャイコフスキーのバイオリン協奏曲にそっくりと言われる。



タグ:音楽映画
nice!(16)  コメント(11)  トラックバック(36) 
共通テーマ:映画

nice! 16

コメント 11

CORO

演奏中にタクトを折られる…^^;
なかなか見応えがありそうな作品ですね。
伏せ字の部分もとても気になります。

by CORO (2010-04-20 00:09) 

バラサ☆バラサ

>COROさん
タクトを折られるシーンは、回想場面なので、ほんの一瞬です・・・

伏字は、ドラッグして反転すると読めますが、たいしたことは書いていません・・・

ただ、見応えはあると思います。満足度も高いんじゃないかなぁ。
by バラサ☆バラサ (2010-04-20 02:43) 

non_0101

こんにちは。
こんな政策が戦前ではなくて、かなり最近と思える時代にあったなんて
初めて知りました(T_T)
> 曲の出だしは最悪。
もう笑ってしまいました~
でも、その後の感動の演奏シーンは必見ですね☆
by non_0101 (2010-04-20 12:50) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ソリストの演奏を聴き、涙流して一気に立ち直るところも感動的でしたね。

by バラサ☆バラサ (2010-04-21 02:15) 

rose_chocolat

>今年の暫定No.1。
↑ 同じく!!!
クラッシック、私も知りませんw でもそれでもいいんだと思います。
これはオーケストラがうんぬんじゃなく、人生を取り戻していく映画なんですから。
by rose_chocolat (2010-04-21 23:23) 

KLY

いや~よかった!
私も今のところ今年ナンバー1です。
もう30年越しにアンヌを通して蘇るレアのヴァイオリンの音色、それに導かれるように究極のハーモニーを奏でるオーケストラ。失ってしまった時は長かったけど、それだけに感動も一塩です。
涙がとまらなかったです。
by KLY (2010-04-21 23:45) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん
サーシャは、家族を取り戻せればいいですね。

>KLYさん
よく出来てましたよね。ただのコメディかと思っていたら、オーケストラのシーンでは感涙です。
by バラサ☆バラサ (2010-04-22 00:02) 

キキ

こんにちは。
フランス映画って日本を舞台にしてる映画でも「うえ?!」ってことが
よくあるので(広末主演の「わさび」とか諸々)
これもロシア人びっくり映画なのかもですが、笑えました。
ラストの演奏が素晴らしかったので映画館でみて良かったです。


by キキ (2010-05-09 12:27) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

名作でしたね。
前半は、ロシア差別がきついコメディかと思いましたけど。それはそれで面白かったですが。

by バラサ☆バラサ (2010-05-10 01:31) 

てくてく

こんにちは^^
確かに、ロシア人の描き方は激しかったですね^^
でもあの大らかさが良かった、笑わせてもらいました。

前にエド・ハリスがベートーベンを演じた映画を家で観たのですが、
その時も最後に「第九」の演奏があって、
“こういう映画は絶対に映画館で観るべきだ!”と思ったものです。
今回、ラストの演奏シーンでもそう思いました。
素晴しい演奏はやっぱり大音響で聞くと、より感動しますね^^
by てくてく (2010-07-09 19:05) 

バラサ☆バラサ

>てくてくさん

ロシア人は、あの共産主義者みたいな偏見がありますが、陽気なオッサンたちですね。

エド・ハリスがベートーベンですか。何かピンときません・・・。

音楽映画は、劇場で観るに限りますね。生演奏のほうがいいのでしょうけど・・・
by バラサ☆バラサ (2010-07-12 19:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。