So-net無料ブログ作成
検索選択

アリス・イン・ワンダーランド [外国映画☆☆☆]

2010年4月17日(土) 21:40~ TOHOシネマズ川崎
料金:1500円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

『アリス・イン・ワンダーランド』公式サイトFirefoxで読み込めない)

3D字幕版。今回の字幕は少し読みにくい。黄色とかの工夫もあるが。

女性陣の皆さんの大好きなジョニー・デップの新作は、盟友ティム・バートンとのファンタジー。
物凄く有名な「不思議の国のアリス」をなんと読んでいないのだが、これはその後日談のようだ。アリスが年齢20歳前の設定で、過去に訪れたことを忘れている。

何とも魅力的な姿かたちのキャラクター群が素敵である。特に近年怪優の称号を欲しいままにしている感のあるヘレナ・ボナム=カーターが素敵すぎる。本作のジョニー・デップなど、足元にも及ばない。
デブ双子や消えるネコ、赤い兵士のフィギュアとか欲しい。
残念なことに、有名なハンプティ・ダンプティは出てこない。

幅広い年齢層に受けるであろう安定した作品であるが予定調和的であり、毒気のかけたストーリーに新鮮味も無く、面白さもいまひとつなので、期待はまあ裏切らないが、期待以上のものではなかった。個人的には、「コープス・プライド」が一番好きである。

3D効果は並なので、画面が暗く見えることを考慮すると、2Dのほうがいいかもしれない。

お勧め度:☆☆☆ 3D度:☆☆ 俺度:☆☆☆







不思議の国のアリス (新潮文庫)

不思議の国のアリス (新潮文庫)



↓続編だそうだが、映画の原作という訳でない。

鏡の国のアリス (新潮文庫)

鏡の国のアリス (新潮文庫)

  • 作者: ルイス キャロル
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 文庫


↓マニアなら必ず所有するらしい。

不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)

不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 書籍情報社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本


↓ディズニー・アニメ

ふしぎの国のアリス スペシャル・エディション [DVD]

ふしぎの国のアリス スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD



↓こっちの有名な童話は、シリーズ通してよく読んだ。なんと高校生の頃。
下のシリーズは順不同に並んでいる。他にチックタックとかつぎはぎ娘とかあった。
読んでいたのは、早川文庫版で挿絵の図柄が全然異なっている。早川文庫版に比較すると、ちょっとなぁなイラストである。

オズの魔法使い (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

オズの魔法使い (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

  • 作者: ライマン・フランク・ボーム
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1980/06
  • メディア: 新書



オズの魔法使いと虹の国 (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

オズの魔法使いと虹の国 (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

  • 作者: ライマン・フランク・ボーム
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1985/11
  • メディア: 新書



オズの魔法使いとグロリア姫 (ポプラ社文庫)

オズの魔法使いとグロリア姫 (ポプラ社文庫)

  • 作者: 守屋 陽一
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1988/08
  • メディア: 新書



オズの魔法使いとエメラルドの都 (ポプラ社文庫)

オズの魔法使いとエメラルドの都 (ポプラ社文庫)

  • 作者: 守屋 陽一
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1987/09
  • メディア: 新書



オズの魔法使いとふしぎな事件 (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

オズの魔法使いとふしぎな事件 (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

  • 作者: ライマン・フランク・ボーム
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1995/11
  • メディア: 新書



オズの魔法使いとオズマ姫 (ポプラ社文庫)

オズの魔法使いとオズマ姫 (ポプラ社文庫)

  • 作者: 守屋 陽一
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1986/09
  • メディア: 新書



「不思議の国のアリス」がなかったら生まれなかったであろう最高傑作エピソード「愛と勇気の花一輪」を収録。

うる星やつら 33 新装版 (少年サンデーコミックス)

うる星やつら 33 新装版 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 高橋 留美子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/03/18
  • メディア: コミック



映画データ
英題: ALICE IN WONDERLAND
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年4月17日
配給: ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
カラー

スタッフ
監督: ティム・バートン
原作: ルイス・キャロル
脚本: リンダ・ウールヴァートン
音楽: ダニー・エルフマン

キャスト
ミア・ワシコウスカ
ジョニー・デップ
ヘレナ・ボナム=カーター
アン・ハサウェイ


↓結局、こっちのほうが圧倒的に素晴らしい

オズの魔法使 特別版 [DVD]

オズの魔法使 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



一番好きなシーン



nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(67) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 10

ゴーダイ

こんにちは。
私は本作のドードー鳥とジャバウォックの造形が大好きで、フィギュアが出たら嬉しいですね。

ハンプティ・ダンプティ、確かに登場しませんでしたよね。彼は「ジャバウォックの詩」の解説役でしたけど・・・あの世界ではジャバウォック自体が実在していましたよね。
by ゴーダイ (2010-04-18 09:16) 

バラサ☆バラサ

>ゴーダイさん
わたしは原作を読んでいないので、ドードー鳥を見た時は、「カール爺さん・・・」を思い出しました。

ハンプティ・ダンプティは解説役に過ぎないのですが。もう少し悪辣な奴かと思っていました。
by バラサ☆バラサ (2010-04-18 18:01) 

ももね

こんばんわ!
「アリス」はGW辺りに観にいければな~と思っています。
3Dと迷っていたのですが、メガネは疲れそうだし、効果が並であれば
2D鑑賞にしようと思います♪
by ももね (2010-04-18 19:18) 

亮

なるほど~
この映画は、誰と行っても楽しめそうですね。
これは、家族でGWにでも行くとしましょうか。
遠くまで旅行すると思えば、3Dのメガネ代なんて、安いものです。
by (2010-04-18 19:53) 

non_0101

こんばんは。
早く「アリス」観たいです!
この週末は「のだめ」1本でした(T_T)
明るさと3Dを天秤にかけて悩み中です☆
by non_0101 (2010-04-18 20:19) 

バラサ☆バラサ

>ももねさん
メガネは重いです。2Dでいいかと思います。

>亮さん
メガネ代は300円増しです。劇場の高い飲み物を買わなければペイしますね。
万人受けですが、決め手にかける作品ですが。

>non_0101さん
2Dの上映館のほうが少ないみたいですね。

by バラサ☆バラサ (2010-04-19 02:28) 

ジジョ

ヘレナ・ボナム=カーター最高☆
でも、全体的には期待以下でした、、、T_T
わたしも2Dでいいかと思います。
by ジジョ (2010-04-19 20:30) 

バラサ☆バラサ

>ジジョさん
題材が家族向けなので、自由度も少なかったのですかね。
もう少し滅茶苦茶やってもよかったかとも思いますね。

by バラサ☆バラサ (2010-04-20 02:36) 

キキ

3Dで観ました。
穴に落ちるシーンではいい感じだったような。
でも観終わっても印象に残るシーンが少なかったです。
オズでは現実世界が白黒でオズの世界はカラーでしたね。
by キキ (2010-04-27 16:11) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

本当に印象に残るシーンが少なかったですね。
何かさらっとしていました。

by バラサ☆バラサ (2010-04-28 02:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 67

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。