So-net無料ブログ作成

時をかける少女 [日本映画☆☆☆★]

2010年4月5日(月) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3
料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認

『時をかける少女』公式サイト

筒井康隆のジュブナイル小説で有名なタイトルだが、原作に則り製作されたのは、大林信彦監督、原田知世主演で、とり・みきが愛してやまない最初の作品。しかし、例によって観ていない。
これの次に角川春樹が監督したものがあるが、こちらの内容は全く知らない。

2006年にアニメ版が登場。オリジナル主人公芳山和子の姪が主人公。結構な名作だった。

本作は、アニメで主人公の声を担当した仲里依紗が主演。芳山和子の娘という設定。オリジナル・ストーリーの正当な続編のような話になっている。

若くして結構なキャリアのある仲里依紗は、俺好みのやわらかい感じの娘であり、本作では彼女の魅力が十二分に炸裂している。

しかも内容も、いいじゃないですか!いかにも70年代な愛すべき若者たち。物凄く純情な愛。1974年という時代設定にあったノスタルジックな雰囲気が素晴らしい。タイムリープのルールに従ったオチのつけ方に唸らされる。涙もこぼれる。

母親の状態を気にしないで、1974年の生活を満喫していたり、最後少し引っ張りすぎな感がいなめないなどと、雑でチョットな点も多々あるが、そんなことはどうでもいいというか、そんな荒さも含めて大好きな作品である。

里依紗ちゃん、今度はセブラ・クイーンですか!

お勧め度:☆☆☆★ ラベンダー度:☆★ 俺度:☆☆☆☆






アニメの予告


時をかける少女 通常版 [DVD]

時をかける少女 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



最初の作品と主題歌


時をかける少女 [DVD]

時をかける少女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: PI,ASM/角川書店
  • メディア: DVD





↑とり・みき「時をかける少女」と原田知世を語る。

仲里依紗、他の作品


ちーちゃんは悠久の向こう〈特別版〉 [DVD]

ちーちゃんは悠久の向こう〈特別版〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


↑話は、たいしたことない。仲里依紗は可愛いけど。「ちーちゃんは悠久の向こう」の記事



ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】 [DVD]

ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


↑名作だが、仲里依紗の印象が極薄。「ガチ☆ボーイ」の記事


麻生久美子も好きなのだが、観ていない。

純喫茶磯辺 [DVD]

純喫茶磯辺 [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD




オムニバス。とても面白そうである。今後の課題作品。

非女子図鑑 [DVD]

非女子図鑑 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2010年3月13日
上映時間: 2時間2分
配給: スタイルジャム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR

スタッフ
監督: 谷口正晃
原作: 筒井康隆
脚本: 菅野友恵
エグゼクティブプロデューサー: 夏目公一朗 / 一志順夫 / 安部次郎 / 甲斐直樹 / 武政克彦 / 阿部巌 / 大宮敏靖
企画プロデューサー: 植田益朗 / 越智武 / 村山達哉
アソシエイトプロデューサー: 鈴木信隆 / 石川恵子
プロデューサー: 藤本昌隆 / 松岡周作
音楽監督: 村山達哉
撮影: 上野彰吾
照明: 赤津淳一
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
ヘアメイク: 横瀬由美
録音: 小川武
編集: 宮島竜治
助監督: 久万真路

キャスト
仲里依紗
中尾明慶
安田成美
青木崇高
石橋杏奈
千代将太
柄本時生
キタキマユ
田島ゆみか
松下優也
加藤康起
勝村政信
石丸幹二



nice!(20)  コメント(5)  トラックバック(23) 
共通テーマ:映画

nice! 20

コメント 5

キキ

こんにちは。
原田知世主演の方が少し前にTVでやってて観たんですが
最後のエンドロールあたり・・・知世ちゃんが歌う主題歌が
アイドル映画なんだなあって大笑いです。

by キキ (2010-04-07 03:13) 

ももね

こんばんわ!
この映画、観にいこうか迷ってたんですが、
会社帰りのちょうど良い時間に上映していなくて、
諦めてしまいました。わりと良かった映画なんですね~。
それにしても、下ネタなんてなさそうなのに、星3つとは意外でした^^
by ももね (2010-04-07 22:54) 

バラサ☆バラサ

>キキさん
原田知世の歌は、今聴くと凄いです。

>ももねさん
コピペ&修正ミスです。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の記事が残っていました。
若き日の父親が、ボロアパートの共同炊事場で体を洗っているシーンがあるくらいで、下ネタはまったくありません。修正します。
by バラサ☆バラサ (2010-04-07 23:57) 

non_0101

こんばんは。
いい映画でしたね~!
大林監督のものが好きだったので、期待半分で観に行ったのですけど
予想以上に良かったです。
“今年の好きな邦画”には確実に入りそうです(^^)
「ゼブラーマン2」は… う~ん、観れるかな(^^ゞ
by non_0101 (2010-04-11 23:33) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん
今のところ日本映画ではNo.1です。

「ゼブラーマン」の一作目は、三池らしい毒気はあまりない、以外に見易い作品でしたけどね。いずれにせよ、わたしは初日に行くと思います(笑)

by バラサ☆バラサ (2010-04-12 01:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。