So-net無料ブログ作成

ブルーノ [外国映画☆☆]

2010年3月22日(月) 17:55~ チネ9
料金:1300円(チネチッタ共通鑑賞券を金券屋で購入) パンフレット:700円(買っていない)

『ブルーノ』公式サイト

ボラットで偽カザフスタン人を演じた悪ふざけ野郎サシャ・バロン・コーエンの新作。実は、ボラットは観ていない。

オーストリアのゲイの男が、アメリカでセレブの仲間入りする努力を描くフェイク・ドキュメンタリー。

あんまりに下品なホモ(差別用語)ネタの応酬なので、相当にお下劣に寛容な人間でないと怒り狂う危険性がある。
同性愛者であれば、本作を観るのはもってのほかだろう。
ゲイだけでない、色んなものに対する悪意の塊みたいな映画だ。

俺は下劣なのに寛容なんで、それなりに笑ったよ。
脱ホモ活動の一環でスワ○ピングに行って、女性に「四の五の言わずにブリーフ脱げ!」と命令されるも、貞操を守ろうと抵抗してベルトでしばかれるところとか。
占い師の前での擬態の披露と、最後のアシスタントとの戦い後の姿は、我慢できないほど気色悪かったが。

しかしイカニモな格好で、中東ロケを敢行しているなんて、命がけの悪ふざけには感服する。

それにしても女性客が多かった。(いや全体の客は少ないのだけど。)
しかも笑い声は女性の声しか聞こえない。

最後には、この人とも共演。


お勧め度:☆☆ 下品度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★







ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 <完全ノーカット版> [DVD]

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 <完全ノーカット版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



作品データ
スタッフ
監督: ラリー・チャールズ
製作総指揮: アンソニー・ハインズ
製作・キャラクター原案・原案・脚本: サシャ・バロン・コーエン
製作・原案・脚本: ダン・メイザー
製作: ジェイ・ローチ / モニカ・レヴィンソン
原案・脚本: アンソニー・ハインズ
原案: ピーター・ベイナム
脚本: ジェフ・シェイファー
撮影監督: アンソニー・ハードウィック / ウルフガング・ヘルド
アート・ディレクター: デニス・ハドソン / デヴィッド・サンエス・デ・マトゥラーナ
編集: ジェームズ・トーマス / スコット・M。デイヴィッツ
衣装デザイン: ジェイソン・アルパー
音楽: エラン・バロン・コーエン
音楽監督: リチャード・ヘンダーソン

キャスト
サシャ・バロン・コーエン
グスタフ・ハマーステン



タグ:コメディ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

CORO

面白いキャラクターとコンセプトだとは思うんですが、
10分位でお腹いっぱいになりそうです。
『ボラット〜』は途中リタイアしました^^;
by CORO (2010-03-28 00:32) 

バラサ☆バラサ

>COROさん

かなり暑苦しいです。
80分ほどの短い映画ですが、実際、それでも長い感じしますね。

by バラサ☆バラサ (2010-03-28 03:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。