So-net無料ブログ作成
検索選択

ラブリーボーン [外国映画☆☆★]

2010年2月21日(日) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷
料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない)

『ラブリーボーン』公式サイト重い・・・。

謎のスピリチュアルな社会派映画?超大作作家になったメタボ・ピーター・ジャクソンの少しばかり地味目な作品。ビジュアル・エフェクツは金かかってそうだけど。

妹弟と親子5人で暮らすスージー、憧れの先輩にデートに誘われ絶好調だったのに、隣家の猟奇オヤジに殺されてしまう。魂はあの世と現世の狭間の世界に残り、家族を見守るが・・・。

長い、おまけにエンドロールが『ディープ・インパクト』級に長い。が、退屈はしない。が、よくわからない作品だ。
感動作なのか、サスペンスなのか。

そもそも、犯人が暴かれるが見事に逃亡。白骨死体の入った金庫が、犯人により不法投棄みたいな穴に落とされると、何故か少女は安堵。何故か近くにいた霊感少女と憧れの先輩。霊感少女の体を霊媒に、先輩とキス。あの世に旅立つ。しかも毒牙にかけられた他の少女も全員。全然納得できないでないか。
犯人が暴かれた次点で、家族は彼女の死を受け入れ、家族も彼女も次なる道へ進む決意ができたというのだろうか。納得いかない。

ついでに、逃げおおせた犯人、ツララが当たって、SHIT(かどうか知らないけど)とか言っていたら、滑って崖から転落して事故死。そんなんでイイのか。

退屈はしないが、どうにも納得いかない、謎の作品だ。
クリスチャンなら納得がいくのだろうか?

ジェフ・ブリッジスみたいな顔の父親は誰かと思ったら、マーク・ウォルバーグだったよ。
スーザン・サランドンの婆さん、いい味出している。活躍するかと思ったが、ただのアル中婆としか思えなかった。てっきり犯人追求で活躍するかと思ったのに。
母親役は、レイチャル・ワイズと微妙に豪華な役者陣。

お勧め度:☆☆★ 消化不良度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★




こういう作品を思い出した。

奇蹟の輝き [DVD]

奇蹟の輝き [DVD]




ちなみに、この作品は嫌い。


大霊界~死んだらどうなる [DVD]

大霊界~死んだらどうなる [DVD]

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD


↑実は観ていない。

あの世の研究。順不同。選択基準無し。

あの世はどこにあるのか

あの世はどこにあるのか

  • 作者: 森田健
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



あの世の話 (文春文庫)

あの世の話 (文春文庫)

  • 作者: 佐藤 愛子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 文庫



あの世のひみつ 魂を癒してくれるスピリチュアルメッセージ

あの世のひみつ 魂を癒してくれるスピリチュアルメッセージ

  • 作者: 美鈴
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する (祥伝社黄金文庫)

ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: 天外 伺朗
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 文庫



私はあの世の「裁判官」だった 【霊魂彗星】初めて明かされる魂の発信基地 (5次元文庫 よ 1-1)

私はあの世の「裁判官」だった 【霊魂彗星】初めて明かされる魂の発信基地 (5次元文庫 よ 1-1)

  • 作者: 吉田寿治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 文庫



↓原作

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)

  • 作者: アリス ・シーボルト
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2009/12/10
  • メディア: 文庫



映画データ
英題: THE LOVELY BONES
製作年: 2009年
製作国: アメリカ/イギリス/ニュージーランド
日本公開: 2010年1月29日
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー

監督・製作・脚本: ピーター・ジャクソン
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
原作: アリス・シーボルド
撮影: アンドリュー・レスニー
音楽: ブライアン・イーノ

キャスト
シアーシャ・ローナン
マーク・ウォールバーグ
レイチェル・ワイズ
スーザン・サランドン
スタンリー・トゥッチ
マイケル・インペリオリ


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(33) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 6

sakurai

なんでしょ?
こうなって欲しい・・と思う観客の予想をことごとく裏切ってくれる作りだったように思えました。
原作あるんで、しようがないでしょうが、なんか、なんか??でしたね。
監督の想いはわからないでもないのですが・・・。
エンドも長かった・・・。飽きた。

by sakurai (2010-02-22 23:12) 

ジジョ

いろいろと残念な感じの映画でしたね、、
>ジェフ・ブリッジスみたいな顔
た、たしかに。。。^^;
by ジジョ (2010-02-23 04:50) 

non_0101

こんにちは。
消化不良度高いですね~!
私は最初の方に出てくるシアーシャ・ローナンの笑顔にこんな可愛い子が…と切なくなり、
そのまま最後まで行ってしまいました(T_T)
最後は“ラブリー・ボーンになった”ですし…
せめて彼女の願いが叶って良かったと思いました☆
by non_0101 (2010-02-23 11:14) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
金庫がゴロゴロとツララが当たるだけは、ビックリしました。肩透かしですね。
エンドロールは、席を立ちたくてたまりませんでした。

>ジジョさん
マーク・ウォルバーグ、いつもの猿人系の雰囲気がなかったですね。いつもの彼だったら、小僧にのされることもないのですが。

>non_0101さん
あの娘が、「つぐない」の諸悪の根源の役だったのを知りませんでした。普通に育っていますね。「つぐない」観たときは、どういうふうに育つのだろうと思いました。


by バラサ☆バラサ (2010-02-24 03:53) 

oguogu

TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ~。
>逃げおおせた犯人、ツララが当たって、SHIT~
私はてっきりホラー映画みたいにグサッ!と頭から
つららが刺さると期待してたのですが・・・・
あんな中途半端な死に方をするぐらいなら、まんまと逃げおおせて
ニヤッとした方が、不快感が残って良かったかも(爆
by oguogu (2011-01-31 23:19) 

バラサ☆バラサ

>oguoguさん

肩透かしというか、腑抜けたやられ方でしたね。
ガッカリです。


by バラサ☆バラサ (2011-02-01 04:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。