So-net無料ブログ作成

千年の祈り [外国映画☆☆☆]

2010年2月14日(日) 17:20~ キネカ大森3
料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない)

『千年の祈り』公式サイト

親子の再生の話。

アメリカに住んでいる娘の元へ中国から父親がやってくる。再会するのは12年ぶりだ。
毎晩過剰なまでの料理を作る父親。会話は悲しいほど弾まない。
疎ましく思うのか、友達の家に行くと夜に外出する娘だが、一人で映画を観ているだけだった。
ロシア人の同僚との付き合いを詰られた娘は、あんたの秘密は知っていると逆襲に出るが、そこには父親が語っていない事実があった・・・。

話は、ほとんど会話だけで、スローに進む。
テーマがテーマなので、それで良いだろう。
劇的に分かり合えるような派手な結末でなく、相変わらず余所余所しいところもいい。

老人と中年の親子には、色々と訴えかける内容の作品である。

それにしても、過剰な料理が旨そうだった。
以下のような品目だったらしい。
黄瓜炸醤(きゅうりの肉味噌添え)、葱爆羊肉(ねぎとラムの炒め)、西柿子鶏蛋湯(トマトと卵と生姜のスープ)、芽豆涼判(もやしと彩り野菜の和え物)、三杯鶏(トウフ木耳竹の子などの醤油煮こみ)など

お勧め度:☆☆☆ 地味度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆




米国版予告編


↓原作。短編のひとつ。




映画データ
英題: A THOUSAND YEARS OF GOOD PRAYERS
製作年: 2007年
製作国: 日本/アメリカ
日本公開: 2009年11月14日
上映時間: 1時間23分
配給: 東京テアトル
カラー/ビスタサイズ

スタッフ
監督・プロデューサー: ウェイン・ワン
原作・脚本: イーユン・リー
撮影監督: パトリック・リンデンマイヤー
編集: デイルドゥレ・スレヴン
エグゼクティブプロデューサー: 小谷靖 / 孫泰蔵
プロデューサー: 木藤幸江 / リッチ・コーワン

キャスト
ヘンリー・オー
フェイ・ユー
ヴィダ・ガレマニ
パシャ・リチニコフ



タグ:家族愛
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。