So-net無料ブログ作成

惑星大戦争 [日本映画☆]

2010年1月22日(金) 20:40~ 銀座シネパトス1
料金:1300円


惑星大戦争 [DVD]

惑星大戦争 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



名画座宣言した銀座シネパトスの「銀座シネパニック!!~邦画パニック映画特集~」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
「海底軍艦」の宇宙版リメイク。謎のUFOヘル・ファイターによって世界は壊滅的状態に。国防軍は侵略軍の基地がある金星へ向けて全面戦争を開始する。なぜドイツで大ヒットを記録した浅野ゆう子ファン必見の問題作!!
<引用終り>

主演、千葉県知事、若き日のトレンディ女優、沖雅也、宮内洋先生。
スターウォーズを迎撃するために製作された作品だが、酷いのなんの。子供だましみたいな脚本にスケールの小さい戦闘。

ヤマトのように日本人クルーばかりなんだが、何故かとってつけたように外国人クルーが一人だけ乗船。とっても流暢な日本語を喋りやがる。ネイティブ日本人による吹き替えだ。

宇宙人の戦闘の切り札として拉致された浅野ゆう子。何と下着みたいな格好(でも短パンだったような)にさせられて、着ぐるみのゴリラ男に腕を絞り上げられる。

浅野ゆう子を人質として、轟天(海底軍艦)の秘密を渡せとせまる宇宙人の作戦も、ショッカー級の頭の悪さだ。

爆破魔の中野昭慶が特技監督なので、嫌になるほど爆発シーンを見させられる。特撮の90%は爆破でないのか。ご丁寧に過去作品の爆発シーンも見せてくれる。「世界大戦争」とか。

キリヤマ隊長が降格人事を受けて出向させられたのか、平田昭彦の部下で一瞬だけ登場。

「『惑星大戦争』を作ったとき、東宝映像の田中友幸社長は『スター・ウォーズから学ぶべきものは何もなかった』と言っていたが……なるほど、確かに何も学んでいない」(大林宣彦)

「ねらわれた学園」のオッサンには言われたくないものだが、まさにその通りだ。

お勧め度:☆ 爆発度:☆☆☆☆ 俺度:☆★







こっちのほうが圧倒的に面白そうだ。


海底軍艦 [DVD]

海底軍艦 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝ビデオ
  • メディア: DVD


↓何故か3360円もする。

空想科学画報〈Vol.1〉原子力潜水艦シービュー号・海底軍艦轟天号

空想科学画報〈Vol.1〉原子力潜水艦シービュー号・海底軍艦轟天号

  • 作者: 岸川 靖
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 大型本







タグ:特撮
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(2) 

nice! 9

コメント 4

ナドレック

こんにちは。
銀座シネパトスのチラシは、私が入手したときには"「海底軍艦」の宇宙版リメイク。"の部分が塗りつぶしてありました。たしかに「轟天号」の名前が同じだけで、「海底軍艦」のリメイクではありませんからね。
「惑星大戦争」といえば、月刊OUTが公開前の紹介記事でこき下ろして怒られた(公開前にけなしてはいけないそうな)、という話が懐かしいです。
by ナドレック (2010-01-25 11:00) 

バラサ☆バラサ

>ナドレックさん

こんにちは。
チラシを見たら、消しこまれていました。記事は、パトスのサイトからの引用です。チラシの画像をそのまま使っているのでチラシと標記しました。実際、リメイクじゃないですよね。
OUTは、3冊くらい買いました。何の特集だったか覚えていませんけど。あれ、「パフ」だったかな?少年キングに連載前の「超人ロック」が掲載されていたような。

by バラサ☆バラサ (2010-01-26 01:06) 

ナドレック

>少年キングに連載前の「超人ロック」が掲載されていたような。

「超人ロック」は月刊OUTで特集記事が組まれた後、OUT増刊のランデヴーに連載されたので、そのいずれかをご覧になったのかも知れませんね。
by ナドレック (2010-01-26 01:53) 

バラサ☆バラサ

>ナドレックさん

そうです!ランデヴーでした。
ありがとうございます。

by バラサ☆バラサ (2010-01-26 17:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。