So-net無料ブログ作成

彼岸島 [日本映画☆★]

2010年1月9日(土) 21:10~ チネ5
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない)

『彼岸島』公式サイト

年賀状を持ってTOHOシネマズ川崎に乗り込んだ。くじ番号が末尾1,4の年賀状を提示すると1000円なのだ。
狙いは19時40分のアフロサムライ。大森から「悪夢のエレベーター」鑑賞後かけつけ、丁度いい時間7時30分に劇場に到着。しかし、なんと土曜日のこの時間の上映はなかった。明日以降はあるのに。トークショーがあり、時間の変更があったそうだ。態々川崎まで来て、そのまま帰るのも何なので、1時間30分時間を潰して、「彼岸島」を観ることにした。

結局、無理に観るまでもないものだった。

序盤でいきなり、いまさらのマトリックス・ムーブ。カッコいいと思ってんのかよ。
一昔前の出来の悪いRPGみたいなストーリー展開。
至近距離の撮影が多く、何をしているのか、良く見えないアクション。
ショボイCGの怪物。
主役級の若者たちの情けない演技力。
ショッカー怪人のように爆発するコウモリ型怪物。
ほとんど活躍しない師匠とその一群。
珍作「フラッシュ・ゴードン」を彷彿させる続編をやりたいと言わんばかりのラスト・シーン。

エンドロールでスタッフの名前の多くがハングル。
なんだと思ったら、監督は韓国人のキム・テギュンだった。こいつの「火山高」のほうが映像も話も良かった。

ゲームあがりの映画かと思っていたが、漫画が原作なんだな。何と既に30巻の!!

若者グループのケンちゃん弓削智久という男が、ハマの番長三浦大輔に見えて、どうにも笑ってしまう。
怪物は、暴走状態のエヴァンゲリオン初号機みたいだ。あの咆哮も。

とても褒められた作品でないが、意外に退屈はしない。

お勧め度:☆★ 暴走モード度:☆☆☆ 俺度:☆☆




予告編↓



彼岸島 1 (ヤングマガジンコミックス)

彼岸島 1 (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: 松本 光司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/04/04
  • メディア: コミック





nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 4

non_0101

こんばんは。
私は絶対に観ないと決めている(笑)作品なので、じっくり読みました!
しっかりと見た気分になりました~
“意外に退屈はしない”作品で良かったですね(^^ゞ
by non_0101 (2010-01-10 22:43) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

これは、敢えて観る必要はない作品です。
初っ端に結構グロありますし。

退屈はしませんでしたが、「マクロスF」にしとけば良かったかという感じです。
by バラサ☆バラサ (2010-01-11 11:52) 

CORO

ゲームかと思っていたら、これ元々はコミックだったんですね。
笑えるほどショボいのなら観てみたいです^^;
by CORO (2010-01-11 21:30) 

バラサ☆バラサ

>COROさん

残念ながら、笑えるほどではないです。
それでもご覧になるのでしたらDVD旧作でどうぞ。

by バラサ☆バラサ (2010-01-11 22:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。