So-net無料ブログ作成

僕らのワンダフルデイズ [日本映画☆☆☆]

2009年11月23日(月) 11:30~ TOHOシネマズ川崎3
料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認

『僕らのワンダフルデイズ』公式サイト

フリーパス鑑賞19本目。

過剰演技の竹中のおっさんが、余命半年と勘違いし、最後の思い出にと高校生の頃のバンドを再結成、中年バンド大会に臨む。
勘違い当初の鬱状態、開き直っての躁状態と過剰演技が危惧されたのだが、今回はかなり堅実な演技である。高校生の息子がパパと呼んでいたり、歌いながらスキップして街を歩いている異常なところもあるが。

そもそもロック映画には甘いので、本作も十分に楽しめた。微妙に出演者たちは豪華だし。中年バンド「シーラカンズ」のオリジナル曲は、奥田民生の手によるものだし。
中年それぞれに悩みある設定もいい(除く、稲垣潤一)。

中年の熱い友情の作品。

同窓会の名簿を次の幹事に渡していない。そろそろ渡して、同窓会を開くよう命じるか。

お勧め度:☆☆☆ ロック度:☆★ 俺度:☆☆☆★
実際のところ、本作、あまりロックン・ロールしていない・・・


僕らのワンダフルデイズ サウンドトラック

僕らのワンダフルデイズ サウンドトラック

  • アーティスト: 奥田民生,奥田民生
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD



小説 僕らのワンダフルデイズ (双葉文庫)

小説 僕らのワンダフルデイズ (双葉文庫)

  • 作者: 蒔田陽平
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2009/10/15
  • メディア: 文庫







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(3) 

nice! 2

コメント 2

なつき

わざわざ稲垣潤一を出演させるなら、彼に音楽プロデュースさせれば良いのに、
とか思ってみたり。
じゃなければ、なんでそこにいつつ、奥田民生に取られてしまうか?
みたいな疑問を自ら抱きはしないのか?と、それが疑問だったり。

あ、ロケ地がうちの地元の商店街らしく、なので観てみたいんですよね。
by なつき (2009-11-24 22:53) 

バラサ☆バラサ

>なつきさん

奥田民生と稲垣潤一では、もはや格の差があるのでないでしょうか。
稲垣のオッサンには可哀想ですが。

京浜急行ですね。
竹中は追浜とか歌ったりしていましたが。
by バラサ☆バラサ (2009-11-27 18:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。