So-net無料ブログ作成

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [日本映画☆☆★]

2009年11月15日(日) 18:15~ TOHOシネマズ シャンテ2
料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない)

『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』公式サイト

フリーパス鑑賞15本目。

小学生の頃、定番「走れメロス」と何を間違ってかの「人間失格」しか読んでいない太宰治の原作。原作は短編で、青空文庫で無料で読める。

原作を斜め読みすると、そのほとんどはカバーされている。
これに、妻夫木演じる若い工員、広末涼子のバーのマダム、堤真一の偉そうな弁護士が絡む。これらは、他の短編からのミキシングと思われる。

愛の物語なのだが、だめんず・うぉ~か~な話である。太宰らしいというのか。

松たか子と広末涼子の濡れ場でも有名だが、まああの二人なので色気は無い。(念のため。二人が絡む訳じゃないぞ。)

広末演じるマダムの勝ち誇ったような顔は、結局意味が無かったような。あのような大団円迎えるのだもの。
終わりは、原作に忠実なんだが。あの顔は何だったんだろう。

お勧め度:☆☆★ だめんず度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★

↓なんと河村隆一演じる太宰治。ナルちゃん同士で合っている?

ピカレスク [DVD]

ピカレスク [DVD]

  • 出版社/メーカー: GPミュージアムソフト
  • メディア: DVD


↓小説群。適当に選択。

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/12
  • メディア: 文庫



人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1952/10
  • メディア: 文庫



斜陽 (新潮文庫)

斜陽 (新潮文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/11
  • メディア: 文庫



グッド・バイ (新潮文庫)

グッド・バイ (新潮文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972/07
  • メディア: 文庫



太宰治は、ほとんど青空文庫で読めるようだ。





nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 4

sakurai

こっちは2回見ましたが、2回とも金払ってないです。
うーん、あんた(H)は勝ったと思ったかもしれないけど、本当にしたたかに怖い女は??誰でしょう。(たぶんM)
でも、自分自身が勝った!と満足したなら、それでいいのでは・・という自己マン映画なのかもしれません。
by sakurai (2009-11-24 12:47) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

2回ご覧になっているのですか。太宰お好きなんですか。それとも忠信。

松たか子の役は、生命力の強い女でした。
by バラサ☆バラサ (2009-11-24 18:24) 

sakurai

一回目は試写会、二回目は監督の舞台挨拶のために動員がかかった次第で・・・・。
太宰も浅野も松もほんと、どうでもいいんですが、こうなっちゃいまいた。
by sakurai (2009-11-24 22:49) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

根岸監督のフォーラムだったんですね。
by バラサ☆バラサ (2009-11-27 18:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。