So-net無料ブログ作成

アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち [外国映画☆☆☆★]

2009年11月3日(火) 19:45~ TOHOシネマズ川崎8
料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:700円(買っていない)

『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』公式サイト

フリーパス鑑賞5本目。

50過ぎのメタル野郎のドキュメンタリー。カナダのバンド「アンヴィル」を率いる。若い頃はそれなりにも注目され、1984年には日本の野外ライブで、スコーピンズ、ホワイト・スネイク、ボン・ジョヴィと競演。
現在でも、メタリカやガンズのリスペクトを受けている。しかし、バンド自体一般的には、泣かず飛ばず。普通の人より昔のロックに詳しい俺でさえ聞いたことのないバンドだ。
尊敬するマイケル・シェンカーからは挨拶しても「?」の始末。フライングV愛用しているのに。

30年もバンドを続け、ヨーロッパツアーを失敗しながらも、今またアルバムを出そうと奮闘する。不屈の闘志に感動するも、滑稽でもあり、オヤジ二人の友情やその家族の愛情に泣け、世界一のロックの聴衆である日本人の温かさを誇りに思う出色の作品だ。

俺は、ロック野郎であるが、メタリカなどメタルは苦手。幸いこの作品はライブなどが中心でなく、オッサン二人の言動が主題であるので、苦手な曲を我慢して聞く必要がほとんどない。
ある熱い男たちのドラマとして、ロックの苦手な人にもお勧めだ。

公開劇場が少なく、ここ川崎でも1回のみの上映。期待の薄さが伺われるが、劇場は99%満席だった。前方にわずか4,5席の空き。何か我がことのように嬉しい。いや、もっと拡大公開しろ!

まったく無視状態のベースとサイドギターは、普段何をして飯を食っているのかということが、とても気になる。

「笑いと感動の映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』、何故、アンヴィルだったのか」必読記事!

お勧め度:☆☆☆★ ロックン・ロール度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★




1984年のライブの曲。やっぱり、俺にはツマラン曲だ。

↓頑張ってリリースした最新アルバム

This Is Thirteen

This Is Thirteen

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: VH1 Classic
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: CD


↓全盛期の作品らしい。

Metal on Metal

Metal on Metal

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Attic
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: CD



マイケル・シェンカーは好きだ。俺のカテゴリーでは、彼はハードロックであって、メタルではない。



Strangers in the Night

Strangers in the Night

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Chrysalis UK
  • 発売日: 2008/05/09
  • メディア: CD







nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 8

non_0101

こんにちは。
私もメタル系は苦手なので観るのをどうしようかなと考えていました。
“苦手な曲を我慢して聞く必要がほとんどない”のですか?
だったらチャレンジできるかも(^^ゞ
by non_0101 (2009-11-06 12:47) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

ライブシーンは、全体の4分の1も無いはずです。
少なくとも1曲全部見せることはありません。
「ツマンネ」と思った曲は、直ぐにフェイドアウトだったので、大丈夫だと思います。保証はしませんけど・・・
by バラサ☆バラサ (2009-11-06 23:43) 

rose_chocolat

ぜんっぜん知らなかったアンヴィルなのに、何故か最後は味方? みたいな感覚になってしまうところが不思議。
でも、サウンドとしては、みんな同じに聞こえちゃうんですよー。 がんばって売れてと言いたいところなんですけどね。 これからどーだろうね。。。
by rose_chocolat (2009-11-15 07:12) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん

やはりセンスがアレなんで、売れることはないでしょう。残念ながら・・・

by バラサ☆バラサ (2009-11-16 01:13) 

ジジョ

熱いイイ映画でした〜☆
メタル業界も、だいぶ日本が支えてますね!
by ジジョ (2009-11-26 14:01) 

バラサ☆バラサ

>シジョさん

日本育ちのロック・バンドは、結構存在しますから。Queen、Japan、Cheap Trickなどなど。(メタルではないですけど)

音楽を聴くセンスは、かなりの民族ではないでしょうか。
by バラサ☆バラサ (2009-11-26 19:12) 

sakurai

おぉぉぉ!バラサさんも(略しちゃった)劇場でご覧になられましたか!
まじに誰が見るんだろ・・・的なノリだったのですが、なんと一番大きな箱で上映。
支配人の太っ腹に感動しました。
でもって、あのおっさんたちにも、不覚にも感動してしまいました。なんかよかったですわ。
日本人っていいなあ、、、と思わせてくれたとこもちょっとうれしい。
by sakurai (2010-08-26 19:53) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

でかいスクリーンで観る価値のあるバンドではないですけれど、大きな箱で上映されていると、それに誘われて観る客がいるかもしれません。多くの人間の目に触れる可能性があるのは嬉しいことですね。

日本の聴衆は、シンディ・ローパーを怒らせたこと以外は、概ね評判いいです。バラード曲に手拍子を入れるのは・・・

by バラサ☆バラサ (2010-08-28 17:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。