So-net無料ブログ作成

俺たちの荒野 [日本映画☆★]

2009年10月27日(火) 19:20~ シネマヴェーラ渋谷
料金:1000円(会員料金)

「酒井和歌子、内藤洋子に代表される、あの懐かしの東宝青春映画に、アナタは今再びめぐり合う!」。シネマヴェーラの「東宝青春映画の輝き」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
集団就職で上京した哲也と純。哲也の目標は留学資金をためること、素朴な純の夢は空き地に自分の城を建てることだ。ある日、空き地で由希という少女と出会った純は、彼女もまた自分だけの城を夢見ていることを知る。由希に愛を感じ始めた純だったが、どう伝えれば良いかわからず哲也に協力を頼むことに。ところが、哲也もまた由希に惹かれていき…。
<引用終り>

また年男と和歌子さん。年男が哲也、和歌子さんが由希。

とにかく純という奴がウザイので、全編イライラしっぱなし。
本作の年男は大バカ野郎で、かつだらしない奴。いっぱしの野望はあるようだが。

本作の主人公たちが、俺には気に食わないという最悪の状況だ。

上の解説を読むと普通の三角関係のようだが、どうにもそんな感じに思えない。
実際のところは、斯様だと思う。純は由希に愛情を抱いているのが錯覚と気づき、自分が好きなのは哲也である。純と由希の関係がうまくいかなくなる一方で、哲也と由希が急接近。それに大嫉妬する純というゲイテイストな映画。ゲイを思わせるシーンが前半に目白押しだし。

最後の15分が極めて謎。
いきなり和解したのか三人で草原で遊びまくるが、純が鉄塔から飛び降り死亡。火葬の後、空き地で暴れ狂う哲也で終了。
空き地は荒野を暗喩していると思われるので、草原がなんらかに対比なんだろうが、意図がわからない。

和歌子さんが可愛い以外まったく価値の無い作品だった。

お勧め度:☆★ 年男度:☆☆ 俺度:☆★

俺たちと言えば

俺たちの旅 VOL.1 [DVD]

俺たちの旅 VOL.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



俺たちの旅 十年目の再会 [DVD]

俺たちの旅 十年目の再会 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



俺たちの旅 二十年目の選択 [DVD]

俺たちの旅 二十年目の選択 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



俺たちの旅 三十年目の運命 [DVD]

俺たちの旅 三十年目の運命 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD







タグ:青春映画
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。