So-net無料ブログ作成

めぐりあい [日本映画☆☆☆]

2009年10月23日(金) 18:20~ シネマヴェーラ渋谷
料金:1000円(会員料金)

めぐりあい

「酒井和歌子、内藤洋子に代表される、あの懐かしの東宝青春映画に、アナタは今再びめぐり合う!」。シネマヴェーラの「東宝青春映画の輝き」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
父に代わって家計を支える為、自動車工場で必死に働く努。しかし大学に進学したい弟の宏は、今の家計では到底叶わぬと不満を募らせていた。そんな時、努は典子という爽やかな女性と知り合い、互いの心に愛が芽生え始める。しかし、そんな二人に典子の母の死、努の左遷など次々に不幸が降りかかる。自暴自棄になり連絡も取れなくなった努を、いつか戻ると信じて待つ典子だったが…。
<引用終り>

酒井和歌子さん目当てで観に行った。

主人公は、黒沢年男。ヒロインは、酒井和歌子さん。
単純バカな黒沢年男演じる主人公は、どうにも憎めない男で、なかなか好感が持てる。酒井和歌子さんは、勿論とても可愛いので、それだけでこの作品は成功だ。

途中の海でのデートで、年男の毛むくじゃらの肉体を見て、「イヤー」と和歌子さんが叫ぶシーンがあり、嫌な過去とか何か意味あるのかいなと思ったら、特に何の意味もなかったようだ。単に毛深いのが嫌いなのだろう。
恋愛映画特有の後半の険悪関係が当然あるが、どのように収めるのかと思ったら、時が解決するようなもので、特にドラマティックな要素はなかった。
年男の昔の友人今は険悪な関係の知り合い(らしい)で峰岸さんが登場する。年男の左遷先にいるのだが、そこで年男を励まし、年男が立ち直っていくのかと思ったが、前述のように時が解決自立更生してしまった。

斯様にドラマ的には大したことはないのだが、昭和40年代の情景なども含め楽しめた作品である。

カラーが色あせて、白赤状態で、黄色のみしかハッキリしていないのは残念。

お勧め度:☆☆☆ 年男度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

酒井和歌子さん関連↓

酒井和歌子写真集―東宝時代1964‐1976

酒井和歌子写真集―東宝時代1964‐1976

  • 作者: 東宝映像事業部映像ソフト制作室版権課
  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 単行本



気まぐれ天使 DVD-BOX I

気まぐれ天使 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: IMAGICA
  • メディア: DVD



飛び出せ!青春 Vol.1 [Blu-ray]

飛び出せ!青春 Vol.1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray


↓なんかいけ好かない役だった。

県庁の星 スペシャル・エディション [DVD]

県庁の星 スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD







タグ:青春映画
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。