So-net無料ブログ作成

男の世界 [日本映画☆☆★]

2009年10月13日(火) 20:15~ シネマヴェーラ渋谷
料金:0円(二本立ての二本目)

男の世界

今年6月に急追したアクション映画の雄・長谷部安春監督の特集上映。シネマヴェーラの「追悼、長谷部安春」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
五年前に恋人・夕子を殺した犯人・白石の出所を目前にカナダから帰国した紺野。紺野は、かつての自分の店「クラブ城」とヨット連盟の会長の座を譲った阿川についての黒い噂を耳にし、さぐりを入れはじめる。一方、出所した白石は密かに阿川コンツェルンに出向き…。石原裕次郎が組織に闘いを挑む一匹狼に扮する。
<引用終り>

また嘘が書いてある。
一匹狼でなく、友人がたくさん出てくるぞ。
帰国後は、友人の旅行代理店に勤めているし。
最後の戦いは、イデ隊員の猟銃ショップから友人たちが銃を持ち出し、助っ人にかけつける。

ただし、友人たちの名前も職業もまともに説明が無い。刺身のつまにもならない。

これの前に観た「流血の抗争」に続き、宍戸錠と沖雅也が出演。
沖雅也の演技が酷い。ここでもロクデナシな役なんだが、超棒読み演技。「流血の抗争」では、なかなかな演技を披露しているのだが、どちらも1971年の作品だ。短期間で急成長したのか?(どっちの作品が先か知らないけど)

いい人のイメージが強い大滝秀治が、悪役を好演。裕次郎に殴られてやんの。

単純な話だが、テンポがよく、なかなか面白い。

お勧め度:☆☆★ イデ隊員度:☆ 俺度:☆☆☆

男の世界と言えば


「男の世界」は、↓に収録








タグ:アクション
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

亮

こんにちは。
大滝秀治さんが悪役なんですか!
しかも、殴られて・・・
昔の映画では、今のイメージとは違う役もやってたんですね。
見事なイメージチェンジといえば、そうかもしれませんが。

石原裕次郎作品はあまり観たことがないので、
感想等は語れないのですが、気になりますね。


by (2009-10-18 08:42) 

バラサ☆バラサ

>亮さん

裕次郎の作品は、私もそれほど観ていませんが、「太平洋ひととぼっち」と「若い人」は、良かったです。
by バラサ☆バラサ (2009-10-22 01:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。